FREEDOMS「葛西純プロデュース興行直前スペシャル」
★7月5日(月)東京・後楽園ホール(観衆876人)

①嗚呼、東京砂漠ホームレス寸前人間廃業デスマッチ(時間無制限1本勝負)
○GENTARO&ドラゴン・リブレ(8分30秒、体固め)バラモンシュウ&バラモンケイ●withカラテバラモン
※一本背負い
②神威復帰戦~ストリートファイトトルネード6人タッグマッチ(時間無制限1本勝負)
○進祐哉&KAZMA SAKAMOTO&力(9分40秒、腕ひしぎ十字固め)マンモス佐々木&杉浦透&神威●
③時間無制限1本勝負
○宮本裕向(11分4秒、エビ固め)シクロペ●
※シャイニング・ウィザードからの片エビ固めを切り返して
④有刺鉄線ボードタッグデスマッチ(時間無制限1本勝負)
佐々木貴&○ビオレント・ジャック(15分25秒、エビ固め)ミエド・エクストレモ&佐久田俊行●
※パッケージ・パイルドライバー
⑤キ●ガイの宴~クレイジーワングランプリ~ダブル十字架ボードタッグデスマッチ(時間無制限1本勝負)
○葛西純&グンソ(15分53秒、片エビ固め)竹田誠志&吹本賢児●
※垂直落下式リバース・タイガードライバーwithカミソリボード

藤田ミノルの鎖鎌に聖地熱狂!敗れるも「ミノルちゃんは、一生、プロレス、やめへんで!」
⑥KING of FREEDOM WORLD CHAMPIONSHIP~ガラスボード+凶器持ち込みデスマッチ(時間無制限1本勝負)
<王者>○正岡大介(22分14秒、片エビ固め)藤田ミノル●<挑戦者>
※ロークラ改。第8代王者が4度目の防衛に成功

終盤、挑戦者が故ミスター・ポーゴさんのトレードマークである鎖鎌を持ち出すと後楽園ホールは熱狂の渦に

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照してください

This article is a sponsored article by
''.