画像: 【1988年7月6日】札幌での悲劇!巨人・吉村禎章、靭帯断裂

【1988年7月6日】札幌での悲劇!巨人・吉村禎章、靭帯断裂

8回裏の守備で吉村は栄村と激突。激痛から気を失いかけていたという。この年は65試合で打率.302、13本塁打で終わった
プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は7月6日だ。
ある意味、巨人の歴史を変えた事件が起こったのは、1988年7月6日、札幌円山球場だった。
プロ2年目の83年に、背番号55でブレークした巨人・吉村禎章。50番の駒田徳広、54番の槙原寛己とともに「50番トリオ」と呼ばれる人気者となった。同年、翌84年は規定打席未到達だったが、打率.326、.342をマークした吉村は、86年からスタメンに完全定着。87年には打率.322、30本塁打、86打点。近未来の四番候補と期待されていた。
迎えた88年も打撃好調を維持。6日の中日戦(札幌円山)でも第1打席でタイムリー、次の打席では3試合連続弾で、通算100号本塁打にも到達した。しかし8回表、左翼の守備中にフライを追って捕球した際にセンターの栄村忠広と激しく交錯。左ヒザ外側じん帯断裂の重傷。そのまま長期離脱となった。
吉村が抜けた巨人は優勝を逃し、王貞治監督は辞任。吉村は89年9月に奇跡の復活を遂げ、野球ファンを感動させたが、その後は一度も規定打席に到達することはなかった。結局、原辰徳が四番を長く守り、その後は落合博満、清原和博ら外様が座ることが多く、生え抜きによる“真の四番”は、55の後継者・松井秀喜の2000年となる。
もし吉村のケガがなかったら巨人の歴史は、どうなっていたのだろう......。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.