『高円宮杯サッカーリーグ2017 プレミアリーグ』は、7月8日、9日に第8節を終えました。
東京都小平市にある東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)では、FC東京U-18対鹿島アントラーズユースが行なわれました。試合終了間際に同点とされたFC東京でしたが、すぐに(90+2分)杉山伶央が勝ち越しゴールを決めて勝利。勝ち点3を獲得し、3位に浮上しました(以下、提供:日本サッカー協会)。

【監督コメント】
FC東京U-18
佐藤一樹・監督
「鹿島が立ち上がりからボールを前に蹴ってきたので、自分たちも前半はロングボールが増えました。そこで蹴り返すほうが私たちも精神的に楽なのですが、空中にあるボールを1回止めてもう1度つなぐことに対して圧力を感じて、自分たちもボールを蹴らされてしまいました。しかし、後半は相手の圧力が落ちたので、ボールを動かすシチュエーションが多くなりました。そのため、ウチの良さが出てきたと思います。先制したあとから同点とされるまでは何となく自分たちのゲームができていたと感じました。でも、終盤に追い付いてくるのが鹿島の素晴らしいところです。タフに点を取ってくるのであらためていいチームだと思いましたし、逆に私たちはタフなゲームをさせてもらい、選手一人ひとりがまた成長することができました」

鹿島アントラーズユース
熊谷浩二・監督
「今日は本当にFC東京さんが素晴らしかったのですが、それを差し引いても自分たちが良くなかったです。体が動いていなかったので、試合の入りはいつもの自分たちではなかったと思います。その中でも一度は追い付いたのですが、逆に言えばそこで勝ち越せるのがFC東京さんの強さ。今日の試合は立ち上がりからいつもと違っていたので、後ろで守備をセットしてロングボールを使う戦術を選びました。本当であればいつも通り前から行きたかったのですが、プランを変えるしかありませんでした」

※他会場の結果と7月9日時点での順位表(暫定)は以下の通り


<EAST 第8節>

大宮アルディージャユース(埼玉)
1-2
柏レイソルU-18(千葉)
会場:NTT東日本志木総合グラウンド

青森山田高校(青森)
2-3
清水エスパルスユース(静岡)
会場:青森山田高校

市立船橋高校(千葉)
1-0
京都サンガF.C. U-18(京都)
会場:船橋市法典公園(グラスポ)球技場

FC東京U-18(東京)
2-1
鹿島アントラーズユース(茨城)
会場:東京ガス武蔵野苑多目的グランド(人工芝)

浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)
2-0
横浜F・マリノスユース(神奈川)
会場:浦和駒場スタジアム

順位 チーム名              
1  清水エスパルスユース(静岡)
2  青森山田高校(青森)
3  FC東京U-18(東京)
4  鹿島アントラーズユース(茨城)
5  柏レイソルU-18(千葉)
6  京都サンガF.C. U-18(京都)
7  浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)
8  大宮アルディージャユース(埼玉)
9  横浜F・マリノスユース(神奈川)
10  船橋市立船橋高校(千葉)

<WEST 第8節>

阪南大学高校(大阪)
1-2
神戸弘陵学園高校(兵庫)
会場:阪南大学高見の里グラウンド

サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)
0-0(悪天候により、27分に試合中断後、試合中止)
セレッソ大阪U-18(大阪)
会場:吉田サッカー公園

米子北高校(鳥取)
-(悪天候により、試合中止)
大津高校(熊本)
会場:どらドラパーク米子陸上競技場

アビスパ福岡U-18(福岡)
2-4
東福岡高校(福岡)
会場:雁の巣レクリエーションセンター

ガンバ大阪ユース(大阪)
-(悪天候により、試合中止)
ヴィッセル神戸U-18(兵庫)
会場:OFA万博フットボールセンター

順位 チーム名
1  ヴィッセル神戸U-18(兵庫)
2  セレッソ大阪U-18(大阪)
3  東福岡高校(福岡)
4  サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)
5  ガンバ大阪ユース(大阪)
6  米子北高校(鳥取)
7  神戸弘陵学園高校(兵庫)
8  阪南大学高校(大阪)
9  大津高校(熊本)
10  アビスパ福岡U-18(福岡)

画像: 【プレミアリーグ第8節 試合結果】
 EAST:FC東京U-18が
ロスタイムに劇的決勝ゴール!

This article is a sponsored article by
''.