画像: 【1964年7月12日】瓶を投げた客を追いかけた“ポパイ”大洋・長田幸雄

【1964年7月12日】瓶を投げた客を追いかけた“ポパイ”大洋・長田幸雄

フェンスに駆け上がった長田。身が軽い
プロ野球の歴史の中で、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は7月12日だ。
怪力と風貌から『ポパイ』のニックネームがあった長田幸雄。山梨の吉田高からリッカーミシンを経て1961年大洋に入団した左投左打の外野手だ。
64年7月12日だった。川崎球場の巨人戦でライトを守っていた長田の背後から何かが飛んできて、頭部をかすめた。なんとウイスキーの瓶だ。
「僕は巨人戦に強かったんで、よく小石とかは飛んできたんですが、さすがにこれはシャレにならんだろ」とカッとして振り向くと、大洋ファンが投げた男を指さしている。
そこからがすごい。長田は瓶を手に持ったまま外野フェンスをよじ登って、そのまま男を追いかけた。実は中学時代までスピードスケートをしていたという長田は、巨漢ながら足腰の強さにも自信があった。
長田は、「殴るつもりはなかったですよ。危ないだろと注意しようと思いまして」と振り返っていたが、その男は怖かったのだろう。一目散に逃げた。長田はその後、退場処分にはなったが、観客のほうが悪質とそれ以上の処分はなかった。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.