画像: ヘル ウヴェと具智元 拓大プライドでサンウルブズ2勝目に貢献へ

ヘル ウヴェと具智元 拓大プライドでサンウルブズ2勝目に貢献へ

スーパーラグビー参加の日本チーム・サンウルブズ。最終戦(第17節)、ニュージーランドのブルーズ戦(7月15日、秩父宮ラグビー場)に向けて都内の練習場で調整を進めている。12日、練習を公開した。
前節8日のストーマーズ戦(15-52で敗戦)で初めて一緒にピッチに立った拓大コンビも汗を流した。
右PR、具智元(グ・ジウォン、ホンダヒート)は今季初めての公式戦出場だった。
サンウルブズ初年、拓大3年次にスクラムの強さを買われてメンバーに選ばれた。4試合に出場も本職の3番(右PR)ではなく1番(左PR)で起用。「3番でプレーしたい」と思い続けた。今年2月、トップリーグオールスターズ戦でリザーブから3番で出場。しかし公式戦はメンバー外やケガで過ごした。
7月8日、ようやく後半20分に本人がこだわってきた本職で登場した。
「スクラムは負けていなかった。最初のスクラムで組み直しの時に後ろのロックに『前へ押してください』とお願いしました」
半年ぶりの試合は「思った以上に緊張した。もっと余裕をもちたい」と言う。
最終戦で出場できれば「80分間、自分の仕事をする。スクラムはチームから相手を崩すように言われている。そのためには自分が押すのでなく後ろの押しを伝える。ディフェンスもしっかりしないと」。
ストーマーズ戦では2度しかなかったタックルを決めたい。
具が拓大1年の時の主将がLOヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ)だ。
ヘルは昨年秋に初めて日本代表入りした。そして今季、サンウルブズに選ばれた。すでに代表キャップは6(6月の対アイルランド代表・第2戦まで)を得た。サンウルブズキャップも前節までで9だ。第2列、3列に欠かせない存在になっている。
拓大主将の2013年度、チームは関東大学リーグ戦1部で全敗。1部・2部入替戦で山梨学院大に26-50で敗れ2部落ちすることになった。敗戦後の円陣で涙を浮かべ後輩たちに話す姿があった。
ヘルは日本代表、サンウルブズで経験を積みながら後輩の復帰を待っていた。
「智元と一緒に試合をしたい」
4年ぶりに実現した前節終了後、2人は「拓大!」と話して2ショットの写真を撮ったという。
ここまでチームは1勝13敗、負ければ2年連続の最下位が確定する。
ヘルは右手こぶしで左胸をたたいて話した。「拓大プライドで戦う」。
2勝目は、拓大後輩たちの未来へもつながる。
(文:見明亨徳)
練習後、ファンに対応する具智元(撮影:見明亨徳)
ヘル ウヴェも気軽に応じる(撮影:見明亨徳)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.