画像: 網走でサントリー×NTTコム。世界的スターのギタウも途中出場。

網走でサントリー×NTTコム。世界的スターのギタウも途中出場。

サンウルブズ今季2勝目の興奮冷めやらぬなか、北海道・網走地方では、毎年恒例となっているトップリーグ各チームの北海道合宿がスタート。8月18日開幕の新シーズンへ向けた準備が進んでいる。
7月16日、大雨に見舞われた網走トレーニングフィールドでは、昨季王者のサントリーサンゴリアスと、昨季5位のNTTコミュニケーションズ シャイニングアークスが練習試合で相まみえ、4トライを挙げたサントリーが22-12で接戦を制した。
前半5分、敵陣ラインアウトモールから連続攻撃を重ねたサントリーは、CTB竹下祥平が右中間でゴールラインを割り、7-0と先制。
対するNTTコムは前半18分、FL鶴谷昌隆がラック付近を突破してビッグゲイン。最後はサポートしていたCTBブラッキン・カラウリアヘンリーにつなげて、7-5と反撃する。
その後、両者1トライずつを加えて、12-12で迎えた後半7分。
一進一退の攻防のさなかに存在感を放ったのは、同志社大学からサントリーに新加入のWTB松井千士。モールで前進したのち、右サイドでボールを受け取ったWTB松井は、グラウンドに大きなS字を描いて右隅にグラウンディング。
WTB松井の独走トライで17-12とリードを奪ったサントリーは、後半24分にも1トライを追加。22-12で激しい雨中戦を制した。
またこの日、オーストラリア代表103キャップの世界的スターで、今季トゥーロン(フランス)からサントリーに新加入したSO/CTBマット・ギタウが、後半途中から出場。同じく途中出場のSO小野晃征と共にバックラインを形成した。
(文:多羅正崇)
サントリーに新加入のマット・ギタウ(撮影:多羅正崇)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.