画像: 早実・清宮幸太郎が八王子の「最終打席」でグランドスラム

早実・清宮幸太郎が八王子の「最終打席」でグランドスラム

高校通算105号本塁打を放った清宮
主砲のプライドだった。
7月17日、ダイワハウススタジアム八王子で行われた芦花との西東京大会4回戦。早実・清宮幸太郎は初回こそ痛烈な右前打を放ったが、3、4打席目は変則投手に対してタイミングを外されて二飛に終わった。8対0で迎えた5回の第4打席は二死満塁という見せ場だっただけに、スタンドからもため息が漏れた。
しかし、役者には再びチャンスが回ってくる。7回表一死満塁。2度目の絶好機を逃さないあたりが、怪物たる者。高校通算105号は左中間最深部へ運ぶ豪快なグランドスラムとなった。この回6得点で試合を決め、早実は7回コールド(14対0)で5回戦へ進出した。
「崩されていたので、しっかり引きつけて......。逆方向? たまたまです。高1、高2のときなら入らなかった。日ごろのトレーニングの積み重ねの成果が出た。(自分の前で)3人が生還することはなかなかないので、うれしかったです」
視野が広く、良い意味で“余裕”があるのが「清宮節」の興味深い部分だ。
「早実の生徒も休みに入ってたくさん来てくれて、ほかの方も含めた応援が後押しになった。(1年時から戦ってきた)八王子もこれで最後(5回戦からは神宮が試合会場)なので、最後、良い終わり方ができたかな、と」
この日は父・克幸さん(ラグビートップリーグ・ヤマハ監督)の50歳の誕生日だった。
「分かっていました。最後の最後(の打席)で出て、ホッとしています」
さらに、この日はセンバツ2回戦で惜敗した東海大福岡が県大会4回戦で敗退した。
「もう1回、甲子園で良い試合をしたかった。福岡もなかなか難しいですが、西東京も勝ち上がるのは大変なこと。一戦一戦、最後まであきらめず、最後、笑って終わりたい」
試合後の整列。清宮は毎試合、相手校を最大限の敬意で称える。主将の率先した行動は見ていて、微笑ましい光景である。こうした球児らしいひたむきな姿勢こそが「野球の神様」を味方にするのだと感じた。
文=岡本朋祐 写真=田中慎一郎

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.