カナダで奮闘中の女子TOP日本代表と女子GEM2日本代表(U16)の模様を、現地在住記者のガスコット清美(Kiyomi Guscott)さんがお届けする『カナダカップ応援日記』。今回は、決勝進出を決めたGEM2日本代表と、その試合で完封勝利を挙げた稲葉怜美投手のお話です。(ソフトボール・マガジン編集部)

稲葉完封でGEM2が決勝進出!

 現地時間7月16日午前10時30分 、 GEM2日本代表は勝てば同日午後6時から行われる決勝に進出することが決まり、負ければ敗者復活戦を勝ち抜かなければ決勝戦に出られないという大事な試合を迎えた。

 対戦相手はDelta Heat。GEM2日本代表も、そして相手のDelta Heatもともにこのカナダカップで日々成長し、ひと時も気が抜けない緊迫した試合を見せてくれた。

 結果、2回裏に先制点を取ったGEM2日本代表がそのまま守り切り1-0で見事に決勝進出を決めた。先発は、「上野選手との出会い」(「カナダカップ応援日記④」参照)があった日に、「絶対に勝ちたいって強く思うようになりました」と話してくれた稲葉怜美投手(京都西山高)。見事、完封勝利を挙げた。

 試合後のインタビューで「次の塁を狙ってくる怖いチームだったけど、自分のできるピッチングをしました。今日はしっかり投げられたと思うので引き続き頑張りたいです!」と語った稲葉投手。決勝戦に向けての意気込みを聞くと、「必ず優勝して日本に帰ります!」と真っ直ぐな瞳で力強く話してくれたのが印象的だった。そこへやってきた田村涼選手(愛宕中)が、私の顔を見てニコニコしながら「怜美ちゃん。めっちゃカッコ良かった!」と一言。なんだか、とても清々しい気持ちになった。

 さぁ決勝戦! 選手たちはどんなドラマを見せてくれるのだろうか。

(文/Kiyomi Guscott 写真/Derek Guscott)

画像: この後行われる決勝に向けて「必ず優勝して日本に帰ります!」と宣言した稲葉投手

この後行われる決勝に向けて「必ず優勝して日本に帰ります!」と宣言した稲葉投手

カナダカップ応援日記④はコチラでチェック!

This article is a sponsored article by
''.