画像: 7月17日に“ホーム”の埼玉スタジアムで引退試合を開催した鈴木啓太

7月17日に“ホーム”の埼玉スタジアムで引退試合を開催した鈴木啓太

浦和レッズ一筋で16年間プレーし、2015年限りで現役を退いた『浦和の男』鈴木啓太の引退試合が7月17日、埼玉スタジアムで開催された。

『鈴木啓太引退試合』@埼玉スタジアム
REDS LEGENDS 4-4 BLUE FRIENDS

文◎杉園昌之

仲間に愛された『水を運ぶ人』

福田正博、小野伸二、闘莉王らが参加したREDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム) と中村俊輔、松井大輔、岩政大樹らが出場したBLUE FRIENDS(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)で行なわれ、鈴木啓太は前半、日本代表側でプレーして2ゴールを挙げ、後半は浦和OB主体側に入り、ポンテの2ゴールに絡んだ。2万5756人の観客を盛り上げ、「このスタジアムの空気、匂いに懐かしさを感じた。こんな幸せな気持ちになることはない」と満足そうな笑みを浮かべた。試合は4-4の引き分けだった。

引退試合で派手なテクニックは披露しなくても、懸命に走る姿に客席から大きな拍手が送られた。シュートを大きく外し、ボールがゴール裏の客席へ飛び込んだ場面でも、現役時代によく見た光景(?)とばかりに大歓声。試合後にピッチで挨拶した犬飼基昭元社長も冗談まじりに「宇宙開発」と笑っていた。

縁の下の力持ちとして、浦和の黄金時代を支えた功績は誰もが認めるところ。2006年にクラブ初のリーグ制覇に貢献し、翌年にはゲームキャプテンとしてACLの優勝トロフィーも掲げた。引退試合に参加した当時のメンバーたちは、チームに欠かせぬバランサーをあらためて称賛した。

ボランチとセンターバックの関係でタイトルをともに獲得した闘莉王の言葉には実感がこもっていた。

「啓太には一番感謝しないといけない」

最終ラインから豪胆に駆け上がり、ゴールを狙えたのも、留守にしたゴール前をいち早くカバーする鈴木がいたからこそ。闘莉王が攻撃的なCBとして、確固たる地位を築く上で欠かせぬ存在だったと言っていい。

画像: 鈴木は前半、BLUE FRIENDSでプレーし、2得点を挙げた

鈴木は前半、BLUE FRIENDSでプレーし、2得点を挙げた

「歴代日本代表チーム」の一員として、引退試合に参加した中村(現磐田)は、浦和での闘莉王との関係性を例に挙げながら、その献身的なプレースタイルに一目置いていた。

「評価されにくいけど、チームには絶対に必要な選手」

イビチャ・オシム元日本代表監督時代には一緒にプレーし、「水を運ぶ人」と呼ばれる意味を理解したと言う。「相手からボールを奪い、後ろでただ掃除するだけの人ではない。チーム全体のバランスを見て、動ける」(中村俊輔)

かつて浦和のコーチ、監督として鈴木を指導したゲルト・エンゲルス氏は「ハセ(長谷部誠)とケイタのコンビは最強だった」と振り返った。ACL初制覇の原動力になったと言い、その存在の大きさを口にした。

「ドイツ・サッカー界でよく言われる格言がある。試合に出ているときは目立たないが、出ていないと抜けた穴が目立つ。それだけ、チームにとって大事な選手ってこと」

現役時代、ピッチで欠かせぬボランチとして信頼を集めてきた男は、すでにセカンドキャリアを歩み始めている。アスリートのコンディショニングをサポートするために腸内環境を整えるビジネスをスタートさせながら、サッカー解説、明治大サッカー部の指導も行なっている。

「夢は大きい。スポーツ界、サッカー界に貢献していきたい。いつかどんな形でも浦和にプラスになる仕事もしたいと思う。僕にしかできないことをやりたい」(鈴木)

ユニフォームを脱いで約1年半。あらためて引退セレモニーで、スポットライトを浴びるなか、お立ち台の上でスパイクを脱げたことに感謝していた。

「一つの区切りになった」としみじみと話し、「これからは革靴で」とニヤリと笑いながらも、新たな挑戦を誓っていた。

参加メンバーは以下の通り

■REDS LEGENDS
監督:ギド・ブッフバルト
コーチ:ゲルト・エンゲルス
コーチ:池田 太
コーチ:土田尚史
コーチ:大槻 毅

【Players】
1 岩舘 直/GK
2 坪井慶介/DF
3 堀之内聖/DF
4 田中マルクス闘莉王/DF
5 ネネ/DF
7 マリッチ/FW
8 アレックス/DF
9 福田正博/FW
10 ポンテ/MF
13 鈴木啓太/MF
14 平川忠亮/MF
15 室井市衛/DF
17 南 祐三/DF
18 小野伸二/MF
19 内舘秀樹/MF
20 阿部敏之/MF
21 ワシントン/FW
22 宮沢克行/MF
23 都築龍太/GK
24 田畑昭宏/DF
27 土橋正樹/MF
28 西澤代志也/MF
29 小池純輝/MF
30 岡野雅行/MF
31 小島秀仁/MF
32 安藤智安/GK
34 エスクデロ競飛王/FW
35 永井雄一郎/FW
77 千島 徹/MF

■BLUE FRIENDS
監督:岡田武史
コーチ:小倉 勉
コーチ:反町康治
【Players】
1 山岸範宏/GK
2 阿部勇樹/MF
3 駒野友一/DF
4 細貝 萌/MF
5 岩政大樹/DF
6 山口 智/DF
7 佐藤勇人/MF
8 松井大輔/MF
9 太田吉彰/MF
10 中村俊輔/MF
12 酒井友之/MF
13 鈴木啓太/MF
14 村井慎二/MF
18 巻誠一郎/FW
19 矢野貴章/DF
22 羽生直剛/MF
23 福西崇史/MF
24 相馬崇人/MF
25 石川直宏/MF
27 橋本英郎/MF
31 福島春樹/GK
33 山瀬功治/MF
(17 岡野雅行/MF)
(20 田畑昭宏/DF)
(29 宮沢克行/MF)
※カッコの選手はどちらのチームにも参加

画像: 多くの人々に愛された鈴木啓太。たくさんの仲間が集まった

多くの人々に愛された鈴木啓太。たくさんの仲間が集まった

This article is a sponsored article by
''.