画像: 白血病を克服したリアリーファノ、準々決勝でブランビーズのベンチ入り!

白血病を克服したリアリーファノ、準々決勝でブランビーズのベンチ入り!

白血病と診断され、長期治療を受けていたブランビーズのSO/CTBクリスチャン・リアリーファノ(29歳)が、今週末に奇跡的な復活を果たす。7月21日に地元キャンベラ(オーストラリア)のGIOスタジアムでおこなわれるハリケーンズとのスーパーラグビー準々決勝へ向け、ブランビーズは早くも出場予定メンバーを発表し、リザーブのひとりにリアリーファノが入ることが明らかになった。
オーストラリア代表として19キャップを持つリアリーファノは、昨年8月に医師から、“血液のがん”ともいわれる白血病にかかっていると告げられた。しかし、命にかかわる病魔と闘いながら、ラグビー選手としての復活を目指し、今年6月下旬にシンガポールで開催されたアジア・パシフィックドラゴンズとの親善試合に出場、約11か月ぶりのフィールド復帰を果たしていた。
スーパーラグビーのプレーオフ進出を6月に決めていたブランビーズは、レギュラーシーズン終盤の7月にリアリーファノをベンチ入りさせるプランを持っていたが、練習中に太もも裏を痛めたため、回復を待って、準々決勝での抜擢となった。
今年のオーストラリア勢で勝ち越したチームはひとつもなく、6勝9敗(勝点34)という成績ながらカンファレンス制度によりプレーオフスポットを獲得したブランビーズ。ノックアウトステージへ向けて前評判は低いが、LOサム・カーターとともに今季共同キャプテンを任されてきたリアリーファノのカムバックにより、チームの結束力とファンの声援はこれまで以上に高まるに違いない。
<準々決勝 ブランビーズ 出場予定メンバー>
1.Scott SIO 2.Josh MANN-REA 3.Allan ALAALATOA 4.Rory ARNOLD 5.Sam CARTER(主将) 6.Scott FARDY 7.Chris ALCOCK 8.Jordan SMILER 9.Joe POWELL 10.Wharenui HAWERA 11.James DARGAVILLE 12.Andrew SMITH 13.Tevita KURIDRANI 14.Henry SPEIGHT 15.Tom BANKS
〔リザーブ〕
16.Robbie ABEL 17.Ben ALEXANDER 18.Leslie LEULUA'IALI'I-MAKIN 19.Blake ENEVER 20.Jarrad BUTLER 21.Tomas CUBELLI 22.Jordan JACKSON-HOPE 23.Christian LEALIIFANO
【関連記事】
リアリーファノが白血病に... 豪代表チェイカHC「彼は必ず克服する」

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.