カナダで行われている国際招待大会「カナダカップ」に参加中の女子TOP日本代表と女子GEM2日本代表(U16)の模様を、現地在住記者のガスコット清美(Kiyomi Guscott)さんがお届けしてきた『カナダカップ応援日記』も遂に最終回。今回は全勝優勝を遂げたTOP日本代表の話題です。(ソフトボール・マガジン編集部)

TOP代表、圧巻の全勝優勝!

 現地時間7月17日、TOP日本代表は午後8時からの決勝戦に臨んだ。対戦相手は同日夕方5時半から行われた敗者復活戦にて7-0でベネズエラを下したオーストラリア。

 オーストラリアは前日に14-2、7月14日には10-0と、TOP日本代表が大差をつけて勝利した相手。試合は1回表に四番・山本優の中前適時打で1点を先制。2回表に2点を追加し、3回裏に1点を返されるも7-1で勝利し、世界トップレベルの実力をアピールした。

 全勝優勝を成し遂げたTOP日本代表・宇津木麗華監督は「(2020年の東京オリンピックに向けて)まだまだ課題はたくさんありますが、まずは来年の世界選手権の優勝を目標にして、それから2020年をしっかり考えていきたいと思っています」と語った。

 ちなみにこの試合で、エース・上野由岐子投手は6回に登板。宇津木監督に初戦後にお話をうかがったとき、「日本のファンの皆さんもたくさん応援に来てくださっているから(皆さんも期待している) 上野(由岐子)を、出番は少しかもしれないけど出しますよ」と話してくれたが、それが実現した形だ。上野投手の登場に、会場は飛び上がらんばかりの興奮に包まれた。

 TOP日本代表の選手たちには、トップをけん引していくが故の苦しみや葛藤もあるだろう。では、その中で選手たち一人ひとりがやり遂げたいことは何なのだろう。この大会を通して、私はその答えを探していた。「勝つこと。勝ち続けること」はもちろんだろう。しかしそれ以上に大切にしているのは、(こんなことを言うと1990年代アイドルグループの歌の歌詞みたいだが)勝つことの先に見える「みんなを笑顔にしたい」というピュアでシンプルな思いなのではないかと思った。

 来年の世界選手権、そして2020年の東京オリンピックで大輪の笑顔の花が咲くことを願っている。

(文/Kiyomi Guscott 写真/Derek Guscott)

画像: 1点リードで迎えた2回、九番・江口未来子と一番・山田恵里の適時打で日本は2点を追加した

1点リードで迎えた2回、九番・江口未来子と一番・山田恵里の適時打で日本は2点を追加した

画像: この試合、二番を打った市口侑果は4回に2点適時打(写真)、6回にソロ本塁打と大活躍だった

この試合、二番を打った市口侑果は4回に2点適時打(写真)、6回にソロ本塁打と大活躍だった

画像: 藤田倭の後を受けて6回からマウンドに上がった上野。現地応援団の大歓声に応えた

藤田倭の後を受けて6回からマウンドに上がった上野。現地応援団の大歓声に応えた

画像: 大会を通して最優秀捕手賞に輝いた我妻悠香と最優秀打撃賞を受賞した江口。さわやかな笑顔を見せた

大会を通して最優秀捕手賞に輝いた我妻悠香と最優秀打撃賞を受賞した江口。さわやかな笑顔を見せた

画像: 藤田倭は最優秀投手賞を受賞。上野に次ぐ、次期エース候補の一人として存在感を放った

藤田倭は最優秀投手賞を受賞。上野に次ぐ、次期エース候補の一人として存在感を放った

This article is a sponsored article by
''.