『高円宮杯サッカーリーグ2017 プレミアリーグ』は、7月15日、16日に第9節を終えました。
千葉県柏市にある日立柏サッカー場では、柏レイソルU-18対清水エスパルスユースが行なわれました。前半の平墳迅の2得点で流れをつかんだ首位の清水は、落ち着いた試合運びで柏の攻撃を食い止めると、試合終了間際にも追加点。3-0で勝ち点3を手にした清水は、前半戦を首位で折り返すことに成功しました(以下、提供:日本サッカー協会)。


【監督コメント】
柏レイソルU-18
永井俊太・監督
「コーナーキックから先制点を取られてばたついてしまいました。サッカーではよくあることですが、失点で選手たちがピッチ内でパニックになってしまい、2失点目もディフェンダーの背後を簡単に取られる形となって非常にもったいなかったと思います。(後半は反撃すべく)プラン通りに試合を進めている中で退場者を出してしまい、難しい戦いになってしまいました。ただ、1人少ない中でも選手たちは諦めずに戦ってくれましたし、次につながる戦いぶりだったと思います」

清水エスパルスユース
平岡宏章・監督
「立ち上がりから相手がボールを保持してくると思っていたので、選手たちは守備をいつも以上に心掛けてやってくれました。だからこそ得点が先に奪えましたし、先にセットプレーから1点を取れたことが勝利をつかむ上で大きかったのではないでしょうか。前半戦を首位で終えることができましたが、やってきていることが結果につながっているのかなと思います」

※他会場の結果と7月16日時点での順位表(暫定)は以下の通り


<EAST 第9節>
鹿島アントラーズユース(茨城)
1-1
浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)
会場:鹿島アントラーズクラブハウス

青森山田高校(青森)
1-0
FC東京U-18(東京)
会場:青森山田高校

横浜F・マリノスユース(神奈川)
3-1
船橋市立船橋高校(千葉)
会場:日産フィールド小机

柏レイソルU-18(千葉)
0-3
清水エスパルスユース(静岡)
会場:日立柏サッカー場

京都サンガF.C. U-18(京都)
1-0
大宮アルディージャユース(埼玉)
会場:京都サンガF.C. 東城陽グラウンド


順位 チーム名
1  清水エスパルスユース(静岡)
2  青森山田高校(青森)
3  FC東京U-18(東京)
4  鹿島アントラーズユース(茨城)
5  柏レイソルU-18(千葉)
6  京都サンガF.C. U-18(京都)
7  浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)
8  横浜F・マリノスユース(神奈川)
9  大宮アルディージャユース(埼玉)
10  船橋市立船橋高校(千葉)
            


<WEST 第9節>
大津高校(熊本)
2-2
アビスパ福岡U-18(福岡)
会場:大津町運動公園球技場

セレッソ大阪U-18(大阪)
3-2
東福岡高校(福岡)
会場:セレッソ大阪舞洲グラウンド

ヴィッセル神戸U-18(兵庫)
2-1
阪南大学高校(大阪)
会場:いぶきの森球技場

米子北高校(鳥取)
2-2
ガンバ大阪ユース(大阪)
会場:コカコーラウエストパーク球技場

神戸弘陵学園高校(兵庫)
0-0(悪天候により20分に試合中断後、試合中止)
サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)
会場:みきぼうパークひょうご 第2球技場


順位 チーム名
1  ヴィッセル神戸U-18(兵庫)
2  セレッソ大阪U-18(大阪)
3  東福岡高校(福岡)
4  サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)
5  ガンバ大阪ユース(大阪)
6  米子北高校(鳥取)
7  神戸弘陵学園高校(兵庫)
8  大津高校(熊本)
9  阪南大学高校(大阪)
10  アビスパ福岡U-18(福岡)

This article is a sponsored article by
''.