画像: 中居正広のとことん野球好き「衝撃的だった『2人の遊撃手』の登場」

中居正広のとことん野球好き「衝撃的だった『2人の遊撃手』の登場」

芸能界随一の野球通である中居正広さん。週刊ベースボールにて月イチで「“ドシロウト目線”でウオッチング 中居正広のとことん野球好き!!」を連載しているが、今回はショートに関してつづってもらった。
足が速い上にパンチ力があった高橋慶彦
慶彦さんは僕のショートのイメージを変えました
梅雨が明ければ、いよいよ夏真っ盛り。ペナント争いもさらにヒートアップしてきますね!! 特にパ・リーグの楽天とソフトバンクによる熾烈な首位争いは目が離せませんし、ここからの戦いも熱いものになるのでしょうね。
さらに優勝争いだけでなく、個人タイトル争いも気になるところ。今年のゴールデン・グラブ賞はいったい誰になるのかなあ......と、夜な夜な1人でアレコレ予想するのが僕の楽しみでもあります(笑)。その中で最近の週ベで特に興味深く読ませてもらったのが「遊撃手特集(6月26日号)」です。誌面の中に“ダイヤモンドの華”っていうフレーズが出てきていましたけど、本当にそのとおりだよなあと思います。
僕は小さいころにやっていた少年野球ではずっとサードでした。もちろん長嶋茂雄さん(巨人)のポジションですから大好きでしたし、ホットコーナーを任せられたわけですから誇りはありましたけど、実は横目で「ショートってかっけぇーなぁ。やってみたいな」って密かにあこがれていたんです(笑)。実際に試合でもショートを守ったこともありました。でも、サードとは全然動きが違いますし、何より動く範囲が違うから「うわぁ、やっぱりショートを任せられる選手ってすんげぇんだなぁ」ってその時に思いましたよね。
プロ野球で好きであこがれていたショートは広島の高橋慶彦さん。ショートと言うと俊足のイメージが僕の中ではあったんですね。でも慶彦さんは足も速い上にパンチ力があったんです。どちらかといえば打線では「つなぎ役」という感じのショートが多い中で、慶彦さんはホームランも打てて「うわぁ、すげーな!!」って小学生の僕には衝撃的に映ったんですよね。
プレー以外の面もカッコよかった松井稼頭央
松井はまさに攻守走すべてそろっているショートでした
ほかにも鮮烈だったのは松井稼頭央(当時西武、現楽天)が出てきたときですよね。足が速くて、肩も強くて、打っては打率も残せて、ホームランも打てて......しかもスイッチヒッターでしょ!! まさに攻守走すべてそろっている選手ですよね。
10年間在籍した西武時代は4年目から7年連続で打率3割、5年連続で2ケタ本塁打。ショートではリーグ最多の7年連続でベストナインを受賞。さらに9年目の2002年にはスイッチヒッター初のトリプルスリー達成ですからね。全盛期の松井稼は本当にヤバかった~!!
プレー以外の面も何もかもがカッコよくて、それこそマニアックな部分では塁に出たときにズボンのポケットに入れた際の“手袋のはみ出し具合”まで、いいなぁと思っちゃいましたもんね。ほかの選手よりもはみ出しの割合が多くて、6割くらいを出していたんですよ。動くと、ズボンのところでペロンペロンって手袋が揺れて、それがまた、いちいちカッコいいんですよ(笑)。
現在の球界のショートでは巨人の坂本勇人がやっぱりNo.1ですかね。若手で言えば楽天の茂木栄五郎、西武の源田壮亮も「いい選手が出てきたな~」と思いますね。いずれにしても今シーズンが終わったときに発表される両リーグのベストナイン、ゴールデン・グラブ賞のショートがそれぞれ誰になるのか......優勝争い同様に楽しみでなりません。

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.