画像: 2年生ながら川崎F・U-18の攻撃を牽引する宮代。U-17ワールドカップ出場も狙う

2年生ながら川崎F・U-18の攻撃を牽引する宮代。U-17ワールドカップ出場も狙う

昨年は準決勝敗退の川崎フロンターレU-18。
悔しさを胸に日本一を目指す点取り屋に迫る。

世界を意識して戦う強気のゴールゲッター

韓国で行なわれたU-20ワールドカップの話題を振ると、目の色が変わった。
「(久保)建英が出たというのは、とても刺激になった。ライバルでもあり、追い越したい思いがある」

宮代の1学年下ながら、“飛び級”で桧舞台に立った久保に対しての思いを語った。
同じ川崎Fのジュニアチームで育ち、昨年秋にはAFC・U-16選手権でともに戦った。それだけに同世代の飛躍は、今年10月のU-17ワールドカップ出場を見据える自身の意欲を、いつにもましてかき立てた。

「世界を舞台に戦っているのと、日本で試合をしているのとでは、全然違う。ここで通用するプレーが、日本代表の試合でできなくなると厳しい。だから、日頃から『このシュートはブラジル相手に通用するのか』とか、そういうことは考えたりしている。ちょっとしたところだけれど、そういうところで差が出てくるのではないかと思う」

その意識は、U-20ワールドカップと時を同じくして始まったクラセンの関東予選で、結果として表れた。1回戦で5得点を挙げると(〇10-0杉並FC)、2回戦では2ゴールを奪い、大宮ユースを撃破(〇3-1)。全国大会出場を決めた。
さらにチームは勢いに乗り、準々決勝の横浜FMユース戦(〇2-1)、準決勝の鹿島ユース戦(〇1-0)も制して、プレミアリーグ勢から連勝を飾った。

それでも、「僕はFWだから、いつも結果にはこだわっている。チームの勝利が一番大事だけれど、もっと自分の結果にもこだわらなければいけないという課題が残った」と、この2試合でゴールを奪えなかったことに、満足できなかった。

そして、夏に迎える全国大会では、前年の悔しさも胸に抱きながら、さらなる活躍を期す。
「目標は優勝。昨年は準決勝(対FC東京U-18・●1-5)で負けたけれど、今年はプリンスリーグでも上位にいるし、手ごたえはある。自分の活躍でチームを勝利に導けたらいいし、個人としても得点王を狙いたい」
新たな決意を胸に、チームと個人のダブルタイトル獲得を目指す。
 

(取材・構成◎小林康幸/サッカーマガジン編集部)
 

Profile◎みやしろ・たいせい/2000年5月26日生まれ、東京都出身。小学3年生の時に川崎Fの下部組織に加入。今年のU-17ワールドカップの日本代表候補選手。178cm、71kg


※サッカーマガジン8月号掲載のユース支局を再構成し掲載しています。

This article is a sponsored article by
''.