【ロッカールーム】ソフトB 石川、ロッテ 宮崎、西武 玉村の「暑さ対策」とは?

プロ野球12球団の選手やスタッフに自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「暑さ対策」です。
ソフトバンク・石川柊太「発想を転換して冷房を使うようになりました」
優勝のために夏場も先発して白星を積み上げたい石川(写真=湯浅芳昭)
「暑いのは苦手です。それでも体調を考え、夜は冷房をつけずに寝ていたんです。ただ、今季からは発想を転換して冷房を使うようになりました。暑くてしっかりと睡眠を取ることができなければ、逆効果だと考えるようになったからです。
25度と割と低めに設定し、気持ちよく寝られるようにと心がけます。これにはちゃんとした理論もあって、日中に一定時間、日光を浴びておけば、冷房の中で寝ても夜中の体温調節はできると聞きました。だから、しっかりとお日様の下にいる時間も作ることでバランスを取っています。
まだまだ、熱帯夜は続きそうですが、寝苦しい日がないように気をつけていきたいですね」
ロッテ・宮崎敦次「バテないようにビタミンをとるようにしています」
「暑くなり始めてからは、バテないようにビタミンをとるようにしています。飲み物に入れる粉のサプリメントで、練習中に飲んでいます。
昔は夏バテで食事が食べられなかったりしたのですが、今は大丈夫です。野菜も生野菜は苦手ですが、しっかりバランスよく食べるように心がけています。あとは寝るとき、暑いと夜中に起きて疲れが取れなくなってしまうので、寒すぎない程度にクーラーをかけたまま寝るようにしています。
プロに入って、昨年は二軍のロッテ浦和球場で夏場を過ごしましたが、本当に暑くて暑くて......。疲れてフォームを崩していました。今年はそういうことがないように、しっかりやらないといけないと思っています」
西武・玉村祐典「アップ時は絶対に長ソデを着るようにしています」
「基本的に暑いのは苦手ではないですが、アップ時は絶対に長ソデを着るようにしています。高校のときに『暑さに強くなるように』と部員全員が強制的に長ソデと、その上からグラウンドコートを着て練習させられていたのですが、そのときのクセみたいなもので、なんとなく今も長ソデが普通ですね。
よく周りから『暑くないの?』と聞かれますが、逆に直射日光が当たらない分、長ソデのほうが涼しいと思います。それに日焼けすると疲れも増す気がする。
あとは着替えをめちゃくちゃします。特に練習中はアップが終わって着替えて、キャッチボールが終わって着替えてとメニューが1つ終わるたびに。乾いた服のほうが、体も気持ちも爽やかにできますからね」

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.