走ると痩せる。痩せると速く走れる――。ランニング界では常識ですが、一歩間違うと痩せる以前にケガをしたり、痩せたはいいが逆にパフォーマンスの低下やコンディション不良を招いてしまうことがあるようです。

 7月22日発売のクリール9月号は、ランナー体型を目指す方や自己ベスト更新を狙うランナーのための「減量」を大特集しました。

①体組成計による自己診断
②心拍トレーニング
③シェイプアップラン
④低酸素トレーニング
⑤食べて痩せる①

 以上の5本柱で、お役立ち情報をお届けしています。

 中でも世界に誇る日本の健康機器計量メーカー、タニタ㈱の体組成計は要注目! 体脂肪率や内脂肪レベルなどはもちろん、最新版では筋肉の「質」を手足・胴体など部位別に計測・判定し、左右差を確認することも可能に。ランをはじめ、バイクやスイムや体操など「左右対称」の動きがメインとなるスポーツ選手・愛好家のフォーム改善にも役立ってくれるはず。意外と間違いが多い計測法や、一般的な10の計測項目の解説(意味と評価表など)も盛り込んでいます。

画像: ①体組成計による自己診断 ②心拍トレーニング ③シェイプアップラン ④低酸素トレーニング ⑤食べて痩せる①

This article is a sponsored article by
''.