2017年9月号が完成いたしました。
今月号は巻頭カラー!
連載「“人”を育む」に、柔道の井上康生氏や山下泰裕氏を育てた
桐蔭横浜大学学長・東海大学柔道部主席師範の佐藤宣践先生にご登場いただいています。
さらに、男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」チャンピオンシップを制し、
初代王者に輝いた栃木ブレックスのキャプテン・田臥勇太選手を直撃。
トータル・コンディショニング・コーディネーターの坂井リズ智子さんを招き、
コンディショニングサポートについて対談していただきました。

そして特集は「部活動における外部指導者の是非」。
政府が今春、学校教育法施行規則の一部を改正し、学校部活動の外部指導員について
その職務を明言したことを受けて、その実態について取り上げました。
外部から専門の指導者に来てもらう意図・メリットはなんでしょうか。
さらに、教育の現場である以上、部活動では単なる技術指導のみにとどまらず
倫理観の醸成や人間形成が求められます。
それを踏まえた上で、外部指導員を導入する際に考え得る課題と
その打開策にも迫ります。

また今号では、3つのセミナーリポートを掲載しています。
まずは北海道帯広市で行われた、ミルクプロテインについてのセミナー。
白樺学園高校の運動部活生を対象に行われたミルクプロテインの実験で
その効果とパフォーマンスに及ぼす影響について発表されました。
2つ目は、日本コアコンディショニング協会主催のシンポジウム。
今年で13回目となる同シンポジウムでは、
リコンディショニングをテーマに講演が行われました。
さらに帝京大学スポーツ医科学センターでは、記念すべき第1回となる
スポーツ医科学カンファレンスを開催。
スポーツ整形外科におけるエコーを用いた診断について紹介しています。

最新号は明後日、27日(木)の発売です。ぜひご覧ください!

This article is a sponsored article by
''.