画像: 【平成29年秋場所予想番付】
朝乃山が幕内に昇進!
矢後、大成道が新十両

 

 大関は照ノ富士、豪栄道がカド番となり、髙安が初めて東正大関となります。三役陣は西5枚目で12勝の栃煌山を小結に上げましたが、玉鷲を平幕に落として、東2枚目で9勝の栃ノ心を上げる可能性もあります。ただ、最近の傾向では1点負けの関脇を平幕まで落とすことは考えにくいです。東8枚目で13勝した碧山は横綱大関との対戦がなく、大勝ちでも三役は厳しいでしょう。

 幕内と十両の入れ替えは難しいです。十両から上がれる成績の力士が魁聖、豊山、朝乃山、妙義龍、安美錦の5人で、幕内から落ちる成績の力士は臥牙丸、琴勇輝、蒼国来の3人。ここでは東9枚目で4勝11敗の德勝龍を落として、妙義龍を上げましたが、德勝龍が残る可能性もあります。ベテラン安美錦の再入幕は厳しいでしょう。朝乃山が新入幕となります。

画像: 新入幕を濃厚にした朝乃山。高砂部屋からは朝赤龍が陥落して以来、11場所ぶりの幕内力士となる

新入幕を濃厚にした朝乃山。高砂部屋からは朝赤龍が陥落して以来、11場所ぶりの幕内力士となる

 十両と幕下の入れ替えは、落ちる成績の力士と上がれる成績力士が4人ずつで、すんなりと決まりました。矢後と大成道がうれしい新十両です。

画像: 名古屋場所13日目、幕下優勝を決め、新十両昇進も確実にした矢後が、大勢の報道陣に囲まれる

名古屋場所13日目、幕下優勝を決め、新十両昇進も確実にした矢後が、大勢の報道陣に囲まれる

This article is a sponsored article by
''.