画像: 【今週のベストナイン セ・リーグ】「邪念なき投球」でDeNAの今永昇太が7勝目

【今週のベストナイン セ・リーグ】「邪念なき投球」でDeNAの今永昇太が7勝目

「必ず長いイニングを投げる」という強い気持ちを持ってマウンドに立ったというDeNAの今永。チームトップの7勝目だ
毎週水曜日発売(一部地域を除く)の『週刊ベースボール』。毎回月曜日から日曜日までの試合で「週間ベストナイン」を選定しているが、ONLINE版では土曜日から金曜日まで。今回は7月22日から28日までとさせていただく。
最初はセだ。投手は7月25日の阪神戦(甲子園)で7勝目を挙げたDeNAの今永昇太(23歳)だ。
敵地甲子園、殺気立った雰囲気の中でもプロ2年目の左腕は、ふてぶてしいまでに落ち着いていた。抜群の制球力と低めへのチェンジアップで猛虎打線を翻ろう。7回を被安打2、無四球無失点の好投を見せ、その後を三上朋也、山崎康晃がピシャリ。7回に三番・筒香嘉智のホームランで挙げた1点を守り切り、1対0の接戦をものにした。
「邪念を捨て、構えたミットだけを狙いました」と今永。月間防御率は6月が1.57、7月が1.07。投げるたびに安定感が増している印象すらある。
6月中旬から急上昇を見せていたDeNAは、この勝利でついに阪神と並ぶ2位となっている。
[投手]今永昇太(DeNA)
期間内/1試合 1勝 0敗 防御率0.00
[捕手]中村悠平(ヤクルト)
期間内/19打数 7安打 1本塁打 3打点 0盗塁 打率.368
[一塁手]リベロ(ヤクルト)
期間内/26打数 7安打 1本塁打 4打点 0盗塁 打率.269
[二塁手]菊池涼介(広島)
期間内/25打数 11安打 1本塁打 4打点 2盗塁 打率.440
[遊撃手]坂本勇人(巨人)
期間内/19打数 10安打 1本塁打 2打点 0盗塁 打率.526
[三塁手]藤井亮太(ヤクルト)
期間内/16打数 7安打 0本塁打 0打点 1盗塁 打率.438
[右翼手]坂口智隆(ヤクルト)
期間内/26打数 12安打 0本塁打 4打点 1盗塁 打率.462
[中堅手]丸佳浩(広島)
期間内/25打数 8安打 1本塁打 7打点 0盗塁 打率.320
[左翼手]バレンティン(ヤクルト)
期間内/21打数 7安打 5本塁打 11打点 0盗塁 打率.333
写真=松村真行

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.