センバツ8強から3校が準決へ

 山形県白鷹町、長井市を舞台に7月30日に始まった『第69回全日本高校女子選手権(インターハイ)』。大会3日目の本日、3回戦と準々決勝が行われ、ベスト4が出そろいました。今春のセンバツ大会8強から3校が準決勝へ駒を進めました。

 まずは、2016年の春、夏を制した千葉経済大附。今春は、準決勝で日本代表投手の勝股美咲を擁する多治見西(岐阜)の前に屈し悔しい思いをしましたが、今回は春を上回る成績を目指して戦います。初戦となった2回戦の滑川戦(富山)に1対0で勝利すると、3回戦の比叡山(滋賀)に5対2、準々決勝は佐賀女子に6対1で完勝しました。

 今春のベスト8・飛龍は、1回戦の都城東戦(宮崎)を7対0(6回コールド)の完封で勝ち上がるも、2回戦の埼玉栄戦は6対1で迎えた4回に1点差まで詰め寄られましたが、そのまま逃げ切って6対5で勝利。3回戦は兵庫大附須磨ノ浦を相手に2対1で逃げ切り、準々決勝は帝京安積(福島)に6対0の完封勝利と、明日に弾みをつけました。

 昨年と並ぶベスト4に入ってきた九州文化学園(長崎)。初戦となった2回戦で星城(愛知)を5対0で撃破すると、3回戦は東北の雄・花巻東(岩手)に劇的な逆転勝ち(スコアは7対3)。九州対決となった準々決勝の神村学園戦(鹿児島)は、3回に一挙4点を挙げて先制に成功すると、そのまま5対1で逃げ切りました。

画像: 「日替わりでヒーローが生まれています」と九州文化学園・碇昌朋監督。3回戦で劇的な逆転勝利を挙げ、準々決勝では神村学園を撃破。ベスト4の成績を残した昨年の夏を超えることができるか

「日替わりでヒーローが生まれています」と九州文化学園・碇昌朋監督。3回戦で劇的な逆転勝利を挙げ、準々決勝では神村学園を撃破。ベスト4の成績を残した昨年の夏を超えることができるか

 ラストは春の王者・創志学園。初戦の2回戦は笠田(和歌山)に4対0で完封勝利を挙げるも、3回戦の安田女子戦(広島)、準々決勝の京都西山戦はいずれも1点差勝利と苦しみました(安田女子に2対1、京都西山に1対0)。それでも、王者の貫録を見せつけて、しっかりと準決勝へ駒を進めました。

画像: 創志学園の大橋茜主将(左から3人目)は、試合後応援団に向かって「今日は皆さんの応援のおかげで2勝することができました。明日は35人で戦うラストの試合になります。今日以上の応援をお願いします」とあいさつした

創志学園の大橋茜主将(左から3人目)は、試合後応援団に向かって「今日は皆さんの応援のおかげで2勝することができました。明日は35人で戦うラストの試合になります。今日以上の応援をお願いします」とあいさつした

 明日の準決勝の組み合わせは、千葉経済大附×飛龍、九州文化学園×創志学園。勝ち上がったチームが高校日本一を懸けて戦います。明日の戦いにご注目ください! 

 なお、この大会の詳細はソフトボール・マガジン10月号の「2017インターハイ特集」で!

This article is a sponsored article by
''.