文&写真_本間 暁

 WBO世界ライトフライ級チャンピオン、田中恒成(畑中)は、9月13日(水)、エディオンアリーナ大阪第一競技場で行われる2度目の防衛戦(vs.パランポン・CPフレッシュマート=タイ)戦に向け、週3回はかねてから続けている『K.B.S TRAINING GYM』(愛知県名古屋市)でのフィジカルトレーニング、夕方からは所属する畑中ジムでのジムワークと順調な調整をこなしている。
 8月1日からは恒例となった東京合宿へ。角海老宝石ジムで多様なメンバーとのスパーリングを敢行中だ。

 今回のテーマは「スピード」、そして「かつて持っていた闘争心、武道の精神」。
「どれもいつも持っているじゃないか」──とお考えの読者も多いだろうが、その心は……

 V2をクリアすれば、本人、そして先日6度目の防衛に成功したWBA同級王者・田口良一(ワタナベ)ともに熱望しており“相思相愛”状態の王座統一戦が、いよいよ本格的に実現へ向かう。

 日々刻々と進化を遂げている田中恒成。その瞬間は8月12日(土)発売(※一部発表より早まりますのでご注意ください)の『ボクシング・マガジン9月号』でご確認ください。

This article is a sponsored article by
''.