画像: 横浜と中日が大好きなロングゲーム?【1990年8月4日】

横浜と中日が大好きなロングゲーム?【1990年8月4日】

パチョレックのヒーローインタビューを見守るは7198人。時計は午前0時12分だ
プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は8月4日だ。
「長い試合が好きなんだな......」
これは中日・森繁和監督が苦笑いしながら語った試合後のコメントだ。2017年8月2日、横浜スタジアムでのDeNA-中日戦は、1回裏の開始直前に雨で51分間の中断があり、かつ試合自体も延長12回までもつれ込んでの4対4の引き分け。中断を含めれば、ゲームセットまで4時間45分が過ぎていた。
この時期のロングゲームといえば、1990年8月4日、午後6時20分開始の同カード、しかも同じ横浜スタジアムでの試合が思い出される。試合終了は翌5日の午前零時11分、史上2度目の日付が変わる一戦であり、5時間51分の試合時間は、当時の最長時間だった。
予感は......なかった。5対2と横浜大洋(現DeNA)リードで7回を終え、このまますんなり終わるのではと思ったが、8回表、中日・落合博満が斉藤明夫から3ランを放ち、振り出しに戻る。以後、一進一退で、そのまま延長戦に突入し、回を重ねていく。
午後10時30分、球場にウグイス嬢の声が響いた。
「神奈川県青少年保護育成条例により18歳未満の方は午後11時までにお宅に到着するようお帰りください」
その後、スクリーンにはJRと地下鉄の終電時間が映し出された。試合は両軍無得点、こう着状態ながら、それなりに盛り上がっていたが、さすがに日付が変わるころには客席もすっかりまばらになった。
最後の最後、15回裏、横浜大洋の代打・田代富雄がライト前で一死満塁とした後、パチョレックがレフトにサヨナラ打。これが8打席目で、この日は3ラン、2ランもあり、1人で全6打点を挙げた。律儀にもヒーローインタビューも行われ、パチョレックはやや疲れた顔を見せながらも「もう、あそこはフライ(犠飛)を打つことしか考えてなかったよ」と語った。すでに地下鉄の終電は過ぎ、JRの東京行きもなくなっていた......。
実は、89年までは12回制だったが、暮れのセ・リーグ理事会で「延長回数、時間とも無制限として引き分けをなくす」方針を決めた。ところが90年1月になって警視庁から「試合が長時間になると防犯や交通面から問題が多い」とストップがかかり、次に18回制も挙がったが、最終的には開幕の2日前、4月2日に「延長15回、引き分けは再試合」と決まった。
横浜大洋・須藤豊監督は「やってる身になってみろと言いたいね。お客さんもいないし、肝心なところは見てなかったでしょう」と勝利にもかかわらず、不機嫌そう。それもそうかもしれない。延長15回制を実際に戦ったのは5月2日の広島-横浜大洋戦(広島市民)と今回の2回だけ。つまり須藤監督は、ただ1人、2試合を経験した指揮官となる。2日の試合も従来の記録を抜く5時間24分のロングゲームだった。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.