画像: 【今週のベストナイン セ・リーグ】監督との約束を守って阪神・メッセンジャーが完封勝利

【今週のベストナイン セ・リーグ】監督との約束を守って阪神・メッセンジャーが完封勝利

勝利の後、捕手・梅野隆太郎の頭をなでなでするメッセンジャー。頼もしい限りだ
毎週水曜日発売(一部地域を除く)の『週刊ベースボール』。毎回月曜から日曜までの試合で「週間ベストナイン」を選定しているが、ONLINE版では土曜から金曜まで。今回は7月29日から8月4日までだ。
最初はセ。投手は8月4日のヤクルト戦(甲子園)で11勝目を挙げた阪神のメッセンジャー(35歳。8月13日で36歳)だ。
前日まで敵地・マツダ広島での首位攻防戦。首位・広島との死闘は1勝1敗1分だったが、最後、3日のナイトゲームは3点差を9回裏に追いつかれてと後味が悪い。結果的に投手も7人をつぎ込んだ。
朝、大阪に戻り、その日が京セラドームでのヤクルト3連戦の初戦だ。金本知憲監督はメッセンジャーに「1人で頼むぞ」と声をかけると「OK!」と力強く答えた。
この日で7試合連続の中5日。間隔が短い分、球数100球前後と制限をかける投手もいるが、この男は違う。助っ人ながらチーム、そして金本監督への忠誠心が並外れている。
味方打線もメッセンジャーの気迫に応え、3得点。終わってみれば被安打4、127球の完封勝利だ。金本監督も「約束を守ってくれましたね」と目を細める。メッセンジャーの通算完封はこれで10試合。外国人投手では史上5人目だ。
[投手]メッセンジャー(阪神)
期間内/1試合 1勝 0敗 防御率0.00
[捕手]小林誠司(巨人)
期間内/21打数 7安打 0本塁打 3打点 0盗塁 打率.333
[一塁手]阿部慎之助(巨人)
期間内/23打数 9安打 2本塁打 5打点 0盗塁 打率.391
[二塁手]菊池涼介(広島)
期間内/23打数 5安打 1本塁打 5打点 0盗塁 打率.217
[遊撃手]坂本勇人(巨人)
期間内/23打数 7安打 1本塁打 2打点 0盗塁 打率.304
[三塁手]村田修一(巨人)
期間内/24打数 10安打 2本塁打 5打点 0盗塁 打率.417
[右翼手]鈴木誠也(広島)
期間内/25打数 8安打 2本塁打 8打点 2盗塁 打率.320
[中堅手]陽岱鋼(巨人)
期間内/27打数 12安打 4本塁打 5打点 0盗塁 打率.444
[左翼手]亀井善行(巨人)
期間内/25打数 9安打 2本塁打 7打点 0盗塁 打率.360
写真=前島 進

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.