画像: ヨシノブ級の超高校級スラッガー・西川愛也(花咲徳栄)が初戦突破!

ヨシノブ級の超高校級スラッガー・西川愛也(花咲徳栄)が初戦突破!

花咲徳栄・西川は相手投手をのみ込んでしまうほどの鋭い打球を放つ
華のある選手である。打席に入ると、独特のオーラを放つ。花咲徳栄・西川愛也は昨春、夏に続く3度目の甲子園をまさしく、楽しんでいる。
開星との1回戦。初回にいきなり、先制のチャンスが来た。一死三塁から初球をたたくと一、二塁間を鋭い打球が抜けた。貫録十分のタイムリーだった。「立ち遅れないように、タイミングを大事にしている」と語るように、リラックスさせた始動から、早めにトップを作る。
さらに「投手の間合いではなく、自分の間(ま)を大事にしている」。本来、野球とはピッチャーが主導権を握るものだが、西川の場合は完全に相手をのみ込んでいるようにも見えた。極端に言えば、スイング軌道に、投球が乗ってきたような見事なジャストミートであったのだ。
参考にしているのは、巨人監督・高橋由伸の現役当時のスイングだという。第2打席でも好機でカウント1ボールからの2球目をたたき、右前打。ファーストストライクに手を出す積極打法も、ヨシノブを彷彿とさせる。
「得点圏のほうがより、集中力が高まる」と自信を口にした西川は、こうも付け加えた。「昨年の甲子園は打ってホッとしていたが、今年は打って当たり前という感じ」。初戦突破も通過点だ。「日本一を狙いに行く」。
精悍な顔からも、スター性を感じる。間違いなく高校トップクラスの西川。ドラフト戦線においてもさらに、評価を上げたはずだ。
写真=太田裕史

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.