画像: 【夏の甲子園 名勝負9】池田の猛打で高校野球が変わった!

【夏の甲子園 名勝負9】池田の猛打で高校野球が変わった!

連日、熱戦が続く夏の甲子園。『週刊ベースボール』では戦後の夏の甲子園大会に限定し、歴代の名勝負を1日1試合ずつ紹介していきたい。
最初のいけにえとなった早実
8回裏、池田打線は一挙7点を挙げる猛攻。マウンドの荒木の表情は虚ろになった
<1982年8月18日>
第63回大会=準々決勝
池田(徳島)14-2 早実(東東京)
1980年代前半は、高校野球の中に、まるで大河ドラマのようなストーリーがあった時代だ。
その主役の1人が1年生夏からエースとして5季連続甲子園出場を果たした早実のエース・荒木大輔(のちヤクルトほか)だ。今回紹介するのは、82年夏、3年生最後の甲子園に挑んだ大会だ。当時、多くの高校野球ファンの中に、悲運の印象もあった荒木を、最後、“優勝”の栄冠で送り出したい、という雰囲気があった。
実際、早実は強かった。1回戦、宇治(京都)相手に12対0、2回戦は星稜(石川)に10対1、3回戦は東海大甲府(山梨)に6対3と、ほぼ危なげなく勝ち上がり、迎えた準々決勝の相手が池田だった。
池田は、名将・蔦文也監督の下、過去74年春、79年夏と2度の準優勝を飾っていたが、この年のチームは、そのときとはまったく違っていた。選手を当時球界ではタブーとも言われたウエート・トレで鍛え上げ、のち「やまびこ打線」と呼ばれることになる強力打線を作り上げていた。
そして、その最初のいけにえとなったのが、早実だった。
1回裏、2年生の江上光治が2ランを放ち、まず池田が先制。2回にも3点を奪いリード。6回表に早実も2点を返したが、その裏、2年生でレフトに入っていた五番・水野雄仁(のち巨人)が2ラン。荒木は7回途中マウンドを降りるが、8回裏には水野が代わった石井丈裕(のち西武ほか)から満塁弾。その後、ふたたびマウンドに上がった荒木からも容赦なく打ちまくり、この回、一挙7点を奪い試合を決めた。
荒木はのち「あれだけ打たれた試合は初めて。技術だけでは勝てないということを思い知らされた試合だった。中盤以降は、なんで甲子園にはコールドゲームはないんだろうと思っていました」と振り返る。荒木だけではない。池田の猛打は、まさに高校野球の歴史そのものを一日にして変えてしまった。
準決勝で東洋大姫路(兵庫)、決勝で広島商に12対2で勝利。甲子園ファンの注目は、荒木から池田、特に大会後にエースとなる水野にバトンタッチされ、球界の枠を超えた大フィーバーとなっていく。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.