画像: 女子W杯ベスト8入りへ必勝を期する豪州戦。中嶋亜弥、加藤あかりが初先発

女子W杯ベスト8入りへ必勝を期する豪州戦。中嶋亜弥、加藤あかりが初先発

「女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会」で初勝利を目指す女子日本代表は、現地時間8月17日にダブリン(ビリングズパーク UCD)でおこなわれるプールCの最終戦で、最新世界ランキング7位の女子オーストラリア代表に挑む。
現在0勝2敗の日本だが、この試合に勝てば目標のベスト8に入る(5位~8位決定トーナメント進出の)可能性があり、強豪のアイルランドから金星獲得目前だった第2戦以上のパフォーマンスが期待される。
オーストラリア戦では、LO中嶋亜弥が今大会初先発となる。アイルランド戦で右足を痛めたLO三村亜生に代わり背番号4をつけキックオフからプレーすることになった。リザーブにはLO日向寺亜依が名を連ね、初舞台に備える。
バックラインでは、過去2試合で11番をつけた堤ほの花が欠場。平野恵里子が右から左WTBに移動し、加藤あかりに14番が与えられ初出場のチャンスがめぐってきた。
日本がベスト8に入るためには、オーストラリアに勝ってプールCの3位になることが絶対条件。さらに、各プール3位チームのうち成績上位2チーム(総勝点が高い方。並んだ場合は得失点差で決める)が5位~8位決定トーナメント進出となるため、日本は4トライ以上を挙げてボーナスポイントを獲得する必要があり、できるだけ点差をつけて勝ちたいところだ。
<2日目終了時の成績>
▼プール戦A
1位: ニュージーランド 2勝0敗(勝点10/得失点差 +153)
2位: カナダ 2勝0敗(勝点9/得失点差 +113)
3位: ウェールズ 0勝2敗(勝点0/得失点差 -47)
4位: 香港 0勝2敗(勝点0/得失点差 -219)
▼プール戦B
1位: イングランド 2勝0敗(勝点10/得失点差 +94)
2位: アメリカ 2勝0敗(勝点10/得失点差 +55)
3位: イタリア 0勝2敗(勝点0/得失点差 -55)
4位: スペイン 0勝2敗(勝点0/得失点差 -94)
▼プール戦C
1位: フランス 2勝0敗(勝点10/得失点差 +106)
2位: アイルランド 2勝0敗(勝点8/得失点差 +12)
3位: オーストラリア 0勝2敗(勝点1/得失点差 -50)
4位: 日本 0勝2敗(勝点0/得失点差 -68)
【勝点について】
勝ち=4点、引き分け=2点、負け=0点、ボーナスポイント(1試合4トライ以上、7点差以内の負け)=1点
【プール戦 → 順位決定トーナメント】
各プールで1回戦総当たりをおこない、各組1位と、2位のなかで最も勝点が多いチームが準決勝に進出。2位の残り2チームと、3位で勝点の上位2チームが5~8位トーナメントへ、残りは9~12位トーナメントに進む。
<女子ラグビーワールドカップ 第3戦 女子日本代表 試合登録メンバー>
1.江渕まこと(青山学院大/東京フェニックス) 2.齊藤聖奈(主将/PEARLS) 3.南早紀(日本体育大) 4.中嶋亜弥(ARUKAS) 5.櫻井綾乃(日本体育大) 6.末結希(ARUKAS) 7.鈴木彩夏(RKU龍ケ崎GRACE) 8.高野眞希(日本体育大) 9.津久井萌(東京農業大第二高) 10.山本実(日本体育大) 11.平野恵里子(TKM) 12.黒木理帆(立正大/ARUKAS) 13.長田いろは(立正大/ARUKAS) 14.加藤あかり(カ・ラ・ダファクトリー Rugirl-7) 15.清水麻有(日本体育大)
〔リザーブ〕
16.鈴木実沙紀(東京フェニックス) 17.片岡瑞帆(TKM) 18.藤本麻依子(TKM) 19.日向寺亜依(東京フェニックス) 20.塩崎優衣(東京フェニックス) 21.野田夢乃(立正大/ARUKAS) 22.鈴木彩香(ARUKAS) 23.田坂藍(ARUKAS)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.