画像: 【パンチ佐藤が直撃】パン屋を営む元近鉄・川口憲史 (前編)

【パンチ佐藤が直撃】パン屋を営む元近鉄・川口憲史 (前編)

『ベースボールマガジン』で連載しているプロ野球選手の第2の人生応援プロジェクト「パンチ佐藤の漢の背中」。現役を引退してから別の仕事で頑張っている元プロ野球選手の下をパンチさんが訪ね、お話をうかがってまいります! 今回は福岡でパン屋を営む、元近鉄ほかの川口憲史さんです。
野次を飛ばさないほど温かかった東北のファン
「パン&ベーグル hands hands」は福岡市西区飯氏773-1。10時開店で木曜定休です
今はなき大阪近鉄バファローズの最後の優勝である2001年、「いてまえ打線」の一員としてシーズン21本塁打した、パンチ力あふれる左打者だった川口憲史さんを覚えているだろうか。その後、新球団・楽天に移籍し、10年限りで引退してからは、故郷・福岡県に戻ってパン屋さんを営んでいる。
引退後に飲食店を経営する元プロ野球選手は多いが、パン屋さんとは珍しい。今回はパンチ佐藤さんとともに福岡出張し、川口さんのお店「hands hands」を訪れたところ、川口さんは現役時代と変わらぬ笑顔で歓迎してくれた。
パンチ プロ野球は何年やったの。
川口 近鉄で10年、楽天で6年です。
パンチ 16年間か。長くやったねえ。現役時代の思い出は?
川口 近鉄では、2001年に優勝したとき。特に優勝が決まった試合は劇的で(北川博敏の代打逆転サヨナラ満塁本塁打)、忘れられないですよね。
パンチ で、球団合併騒動があって、ストライキとかあったよね。
川口 あのときは大変でしたね。どうなるのかな、と。オリックスと合併したら、近鉄の選手の半分は行き場がなくなるわけじゃないですか。何とかもう1球団できないかと、みんな必死でしたね。
パンチ で、新球団・楽天に移籍。開幕戦のスタメン三番でしょ。
川口 チーム初打点を挙げたことはうれしかったです。開幕前から「このチームは100敗する」って周囲から言われていたので、絶対に100敗だけはしないぞ、と思っていました。
パンチ 結果は、100敗はしなかったんだよね。
川口 何とか(38勝97敗1分、勝率.281)。
パンチ 自分たちのチームは弱いという自覚は、開幕時点からあったわけだね。
川口 だって、いいピッチャーはみんなオリックスが持っていってしまいましたからね。楽天に来たのは岩隈(久志、現マリナーズ)くらいですよ。開幕戦は何とか岩隈で勝ちましたが(05年3月26日、ロッテ戦=千葉)、その翌日は0対26で大敗しました。出て来るピッチャー、みんな打たれるんですよ......。
パンチ 東北の印象は。
川口 寒かったです。九州の生まれですからね。1年目の4月くらいだったと思うのですが、試合が吹雪で中断とかありましたよ。
パンチ それでも、東北の人は帰らないでしょ。
川口 そうですね。雨で中止になるかどうかというときも、最後まで待ってくれている人が多いですね。覚えているのは、仙台のファンの温かさ。最初のころは野次もなかったです。たまに言う人がいても、別の人が「そんなこと言うもんじゃないよ!」とたしなめるくらい(笑)。
パンチ いいね、いいね(笑)。
川口 僕なんか大阪の近鉄育ちだから、驚きますよね(笑)。あるとき、山崎武司さんが「仙台のファンは静かすぎる、もっと野次ってくれ」とヒーローインタビューで発言して、それから普通になりました。
パンチ 「あ、野次っていいんだ?」とね。引退したのは何年だっけ。
川口 2010年ですね。
パンチ きっかけは?
川口 ケガが多くなったことですかね。昔の人は、多少のケガでは言わなかったじゃないですか。黙って、治しながら出るでしょ。僕もそうだったのですが、肉離れが多くなってきたんで、そろそろ限界かなと。
パンチ それは何歳のとき?
川口 34歳ですね。
パンチ あと2、3年やりたい気持ちはあったよね。
川口 ありましたけど、もうどこも取ってくれないだろうなと。
パンチ 自分で決めたわけじゃなく、球団から?
川口 事実上の戦力外です。夏ごろから、そういう雰囲気がありました。シーズンが終わる前に「引退試合もやってあげるから」と言われたんですが、「一応トライアウトを受けたいので」とお断りしました。
パンチ トライアウトも受けたんだ?
川口 それが引退試合みたいなものですよね。自分の中で区切りをつけたかったんです。そこでも声がかからなかったら引退しようと。
パンチ 奥さん(道子夫人)とはどういう相談を。
川口 結婚して10年くらい経っていたし、「もういいんじゃない?」と。
パンチ 奥さんも同郷の人?
川口 中学生のときから同じだったので。
目立たないところにあるがパンを買うお客さんは来る
現役時代から「引退したらパン屋かケーキ屋」と考えていたという
パンチ 奥さんの年齢は一緒なの?
川口 向こうが1個上です。お姉さん的なところはありますね。頼りになる。野球をやめたら、今度はこっちが食べさせてもらおうかなと(笑)。
パンチ しっかりしている奥さんなんだねえ。もともとこういう仕事をしていたの。
川口 結婚前はパン屋さんとケーキ屋さんで働いていたんですね。結婚してからも趣味で家で焼いたりしていました。
パンチ それはうまかった?
川口 はい。おいしかったから、店を出しても何とかなるかな、と。現役時代も人から「引退したら何するの」と聞かれたら、「パン屋かケーキ屋」と答えていました。
パンチ イメージどおりだ。幸せだねえ。いい人を選んだねえ。野球選手からパン屋さんというのは意外だったんだけど、現役のときからそのつもりだったわけだ。
川口 はい。ずっとそのつもりでした。で、「パン屋とケーキ屋、どっちをやる?」と聞かれて、パンを選んだんです。
パンチ ケーキ屋さんじゃなくてパンを選んだのはなぜですか。
川口 ケーキは、時期的なものがあるじゃないですか。パンは、毎日食べる人は食べますよね。
パンチ ケーキは毎日じゃなくて、特別なときに食べるものだよね。今はどのパンがこの店の四番バッターなの。
川口 一応、ベーグルですね。種類もいっぱいあるし、珍しいみたいで。その一方で、僕としては普通のクリームパンやメロンパンもお勧めしたい。お客さんが買われるのはどちらかに分かれますね。
パンチ じゃあ、クリーンアップトリオは?
川口 三番クリームパン、四番ベーグル、五番メロンパン。
パンチ メロンパンって最近、すかしたのあるじゃない。ここのはどうなの。
川口 すかしたメロンパンって、どういうのですか(笑)。
パンチ 割ってみるとクリームが入ってたりとかさ。
川口 ウチのは入ってないです(笑)。
パンチ 商品は何種類あるの。
川口 ベーグルだけで20種類くらい。あとはあんパンなども作っています。
パンチ あんパンの特徴は。
川口 つぶあんとこしあん、両方あります。
パンチ 俺はつぶあんが好き。
川口 福岡の人はつぶあんが好きで、佐賀の人はこしあんが好きなんですよ。
パンチ そうなの?
川口 ここは福岡市内ですが佐賀寄りでもあるので、両方とも需要がありますね。
パンチ そもそも、店はなぜここ(福岡市西区)にしたの。故郷じゃないよね。
川口 福岡県出身ですが僕も嫁さんも八女市出身なので、福岡市ではないです。ここに決めたのは、引退して仙台にいたときにネットで物件情報を調べたんです。
パンチ ここに来るとき、駅(JR筑肥線周船寺駅)から歩いてきたんだけど、あまりにも牧歌的風景で、人の気配がないし、少し心配になったんだよね(笑)。
川口 これでも、ギリギリで福岡市なんですよ。
パンチ どういうお客さんが来るの。
川口 近くに高校があるし、糸島が観光地として人気が出て、福岡から糸島までの通り道にあるんです。この先に「伊都菜彩」(糸島でとれた新鮮な食材を販売するJA糸島の産直市場)というのがあって、そこに行くお客さんが寄ってくれることが多いですね。
パンチ やっぱりうまいと、口コミも広がっていくしね。
川口 最近、すぐ隣に「おさかな天国」という鮮魚の直売店も移ってきたんですよ。そこに来て、ついでに寄ってくれるお客さんも多いんです。
パンチ 流れが来てるね!
<8月17日公開予定の後編へ続く>
●川口憲史(かわぐち・けんし)
1976年6月28日生まれ。福岡県出身。柳川高からドラフト4位で95年近鉄に入団。2001年は主に「七番・指名打者」として打率.316、21本塁打、72打点の自己最高成績を残し、リーグ優勝に貢献した。球団合併を経て05年、楽天に移籍。新球団の開幕戦で「三番・ファースト」でスタメン出場し、球団初打点をマークする。10年限りで引退(06年以降の登録名は『憲史』)。通算成績は976試合、613安打(打率.263)、69本塁打、314打点。現在は福岡市内で「パン&ベーグル hands hands」を経営する傍ら、西南学院大のコーチも務める。
●パンチ佐藤(ぱんち・さとう)
本名・佐藤和弘。1964年12月3日生まれ。神奈川県出身。武相高、亜大、熊谷組を経てドラフト1位で90年オリックスに入団。94年に登録名をニックネームとして定着していた「パンチ」に変更し、その年限りで現役引退。現在はタレントとして幅広い分野で活躍中。山形県南陽市のラーメン大使。
構成=落合修一 写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.