画像: 41歳の鉄腕が自ら花を添えるプロ初本塁打&完投で通算200勝【2004年8月17日】

41歳の鉄腕が自ら花を添えるプロ初本塁打&完投で通算200勝【2004年8月17日】

勝利を飾り、笑顔の工藤。マウンドに駆け寄るのは捕手・阿部
プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は8月17日だ。
現在はソフトバンクの指揮官として、優勝に突き進む工藤公康監督。2004年8月17日は、“鉄腕”と呼ばれ、多くの最年長記録を更新した(多くは元中日・山本昌に抜かれたが......)左腕・工藤公康が記念すべき大記録、通算200勝に到達した日だ。
この日の巨人─ヤクルト戦(東京ドーム)は、大記録に王手をかけながら5回4失点で降板した8月11日の中日戦(ナゴヤドーム)から中5日のマウンド。さすがのベテランも前夜は「なかなか寝付かれなかった」と振り返る。
当時の工藤は勝っては喜びを爆発させ、負けては悔しさからストレスをためていた若手時代とは違い、「勝つことよりも、自分がどんなピッチングをするか考える」境地にあったが、「それが200勝となったときに勝ちたいという気持ちが前面に出て、冷静じゃない自分がいた」という。
初回、「僕は立ち上がりが永遠の課題」と苦笑するように、簡単に二死を取るも三番の岩村明憲に先制ソロを許す。味方打線が4回に同点としたが、7回表、今度は志田宗大にソロを浴び、ヤクルトが勝ち越し。
工藤劇場が始まったのは、その裏、巨人の攻撃からだ。まずペタジーニが同点弾。その後、二死二塁で打席に入ったのが工藤だった。先発のベバリンがカウント3ボール1ストライクから投じた高めのストレートを「一、二、三のタイミングで振った」(工藤)打球が2ランホームラン。西武、ダイエーとDHがあるパ・リーグが長かったこともあるが、これがプロ初ホームランだった。
自らのバットでピッチングも乗っていく。8回、9回を失点ゼロの完投で大記録達成。4対2の勝利だった。捕手の阿部慎之助がマウンドに駆け寄り工藤を持ち上げようとするが「重くて」(阿部)上がらなかった。41歳3カ月での達成は当時、史上最年長記録でもある。
「9回ははっきり言ってびびってました。足が震えた。僕がマウンドで足が震えたのは(1986年)西武時代、広島との日本シリーズ第8戦で8、9回を投げて以来、2度目です。200勝の中で、どれが思い出に残るかと言われたら、やっぱりこの1勝だと思います」
これが9勝目、最終的には同年10勝7敗をマークしている。
写真=内田孝治

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.