画像: 【夏の甲子園 名勝負14】横浜×PL 濃密なる3時間57分

【夏の甲子園 名勝負14】横浜×PL 濃密なる3時間57分

夏の甲子園も残すところ準決勝2試合と決勝のみとなった。残り2日間も『週刊ベースボール』では戦後の夏の甲子園大会の歴代の名勝負を紹介していく。
引き分け再試合を覚悟した松坂だったが......
力投する松坂。「正直、早く終わりたいな」と思っていたという
<1998年8月20日>
第80回大会=準々決勝
横浜(神奈川)9-7 PL学園(南大阪)
今回は1998年夏、準々決勝の横浜─PL学園戦だ。横浜は“平成の怪物”と呼ばれた松坂大輔(現ソフトバンク)を擁し、その年のセンバツに優勝。松坂は5試合すべてに完投し、防御率0.80と完ぺきなピッチングを見せた。この夏の注目も、横浜、いや松坂の春夏連覇なるか、の一点に集中していたと言ってもいい。
ただ、3試合を自責点ゼロで勝ち上がって迎えた、この準々決勝、そして翌日の準決勝の2試合は、あまりに劇的だった。そして、だからこそ「松坂大輔」は、甲子園の歴史の中で一際、まぶしく輝いている(決勝も含め、3試合と言ってもいい)。この2試合なしに、仮に、松坂が圧倒的な力を見せつけ、横浜が優勝したとしても、それはただ、「松坂がすごい」で終わっていたかもしれない。
この2試合がすごいのは、松坂以外の横浜ナイン、そして相手チームの選手たちもまた、輝いたことだ。まさに奇跡と呼んでもいいだろう。
あまりにもいろいろなことが起こり、かつ当事者たちの声で、何度となく語られている試合なので、ここでは、その流れだけの紹介とさせていただく。
まず、2回裏、前日の試合で148球を投げ、もともとスロースターターだった松坂にPL打線が襲い掛かる。自らの野選と4安打で、いきなり3失点。PLは横浜バッテリーを研究し、捕手・小山良男(のち中日)の動きのクセから、ストレート、変化球の違いを見抜き、横浜はまた、それを察知し、小山が試合中に修正。まさに、プロ顔負けの駆け引きもあった。
PLは左腕・稲田学が先発し、3回までノーヒットに抑えるも、今度は横浜打線が4回表に2点を奪い、さらにその裏にはPLがさらに1点を追加も、横浜は5回に2点。4対4の同点となった。
7回からPLは満を持して上重聡が登板。その裏、1点を追加したときは、このままPL勝利か、という空気になった。
しかし、そんな簡単なゲームではなかった。8回表に横浜が1点を奪い、同点とし、延長戦に。11回には1点ずつを取り合い、さらに試合は続く。
ただし、松坂は延長に入って覚醒し、12回から15回はパーフェクトに抑え、対してPLの上重は、毎回のように走者を背負う苦しいピッチング。それだけに16回表に横浜が1点を勝ち越した際は、このまま決まるかに思えたが、その裏、横浜の守備の乱れもあってPLがまたも追いついた。
17回表、ベンチで「これは18回引き分け再試合か」と思っていたという松坂の肩をたたき、「俺が打ってくるから」と言ったのが、途中出場の常盤良太だった。そして二死一塁で回ってきた打席で、まさに宣言どおりの勝ち越し2ラン。その裏はもう、PLに反撃の余力はなかった......。
9対7、劇的な試合は、横浜の勝利で終わった。ただ、この夏のドラマにはまだ続きがある。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.