3月から7月までで、BBMの2017年チームパックは12球団分をすべてリリース完了しました!
制作ディレクターの「ベストカード」「こだわりのカード」を
このWEBサイトで連載してきましたが、
楽しんでいただけましたか?

いろいろな思い入れが垣間見えたと思いますが、
では、お客様に一番近いショップの店長さんたちは
12球団のチームパックをどのように見ているのでしょうか。

それを知るべく、ミントの店長さん12名に緊急アンケートを依頼。
「デザイン部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」「ベストカード」の5つの部門で“ガチ診断”をお願いしました。

どんなカードが評価が高かったのか、その結果は……?

☆アンケートに回答してくれた皆様☆
ミント札幌店・岩本充弘店長、仙台店・阿部悠樹店長、浦和店・酒井裕之店長、
千葉店・川口博之店長、池袋店2階・鹿児島伸一店長、新宿店・足立卓朗店長、
渋谷店・中川良太店長、神田店・田村亮一店長、立川店・高橋高弥店長、
横浜店・五十嵐直樹店長、梅田店・河野公宜店長、福岡店・林田健一店長
ご協力ありがとうございました。

〈アンケート方法〉
「デザイン部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」について、それぞれ1位から3位を選出、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントを付与(未回答の場合は0ポイント)。部門ごとに上位のものを中心にここで紹介していく。
「ベストカード」はその名の通り最も優れているカード1枚を選定してもらった。

ポップでかわいい
アメコミ風デザイン

画像: 17BBM西武 サブセット L72浅村栄斗

17BBM西武 サブセット L72浅村栄斗

 制作サイドから言えば、サブセットを企画するときは比較的〈遊び〉の要素を投影しやすいもの。写真やデザインなどで、ベーシックなレギュラーカードとは違った工夫をこらす余地があるからだ。

 そんなサブセット部門で、1位3人、2位1人というナンバーワンの11ポイントを手にしたのは、西武から。5種が設定された「MEGA IMPACT」だ。その評価は%%「アメコミ風デザインでインパクトあり」%%blueという千葉店・川口店長のコメントを筆頭に、「ポップなデザインが強調されていてかわいらしさがある」(渋谷店・中川店長)と続く。

 過去にもアメコミ風デザインのカードはあったが、今回の高評価の決め手は何だったのだろうか。それは、新宿店・安達店長の「選手の写真がドット調になっている部分がよりコミック的要素を高めている。配色も良かった」の一言に集約されそうだ。

大人気なあのカードに
ついに匹敵したっ!

画像: 17BBM巨人 サブセット G80小林誠司

17BBM巨人 サブセット G80小林誠司

 これに肉薄するのが巨人の「GIANTS AXIS」だ。1位2人、2位1人、3位1人の9ポイント。札幌店・岩本店長と新宿店・足立店長がともに「炎をまとうデザインがかっこいい」とコメントしている。炎はよく利用されるモチーフで、だからこそ難しいのだが、今回はそのリアリティが認められた。

 さらに、池袋店2階の鹿児島店長が「GIANTS PRIDEと間違えてしまいそうなくらいかっこいい」と評価。浦和店の酒井店長はさらに熱く、「GIANTS PRIDEに匹敵するカードが出現。炎立つ姿に選手の強い意志、覚悟、感情を感じることができます」と想いを寄せてくれた。

デザインはもちろん、
写真のコンセプトも高評価

画像: 17BBM日本ハム サブセット F80近藤健介

17BBM日本ハム サブセット F80近藤健介

 この部門は接戦で、次点はわずか1ポイント差の8ポイントを獲得した日本ハムの「SPRING SMASH」だった。こちらも「ポップな感じのデザイン性はサブセットならでは」(立川店・高橋店長)とデザインのインパクトについて触れられている。高橋店長はもう一つ、「裏面のコメントもユーザーを満足させるだけのものがある」と別角度からも評価してくれた。

 写真もあえてレギュラーとは異なるイメージを優先して、いわゆる「表情もの」を採用している。池袋店2階の鹿児島店長が「どの選手もドヤ顔のような表情で面白いですね」と、この点をポイントに挙げてくれたのもうれしい限り。

(次回はインサート部門です)

This article is a sponsored article by
''.