3月から7月までで、BBMの2017年チームパックは12球団分をすべてリリース完了しました!
制作ディレクターの「ベストカード」「こだわりのカード」を
このWEBサイトで連載してきましたが、
楽しんでいただけましたか?

いろいろな思い入れが垣間見えたと思いますが、
では、お客様に一番近いショップの店長さんたちは
12球団のチームパックをどのように見ているのでしょうか。

それを知るべく、ミントの店長さん12名に緊急アンケートを依頼。
「デザイン部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」「ベストカード」の5つの部門で“ガチ診断”をお願いしました。

どんなカードが評価が高かったのか、その結果は……?

☆アンケートに回答してくれた皆様☆
ミント札幌店・岩本充弘店長、仙台店・阿部悠樹店長、浦和店・酒井裕之店長、
千葉店・川口博之店長、池袋店2階・鹿児島伸一店長、新宿店・足立卓朗店長、
渋谷店・中川良太店長、神田店・田村亮一店長、立川店・高橋高弥店長、
横浜店・五十嵐直樹店長、梅田店・河野公宜店長、福岡店・林田健一店長
ご協力ありがとうございました。

〈アンケート方法〉
「デザイン部門」「サブセット部門」「インサート部門」「スペシャルインサート部門」について、それぞれ1位から3位を選出、1位3ポイント、2位2ポイント、3位1ポイントを付与(未回答の場合は0ポイント)。部門ごとに上位のものを中心にここで紹介していく。
「ベストカード」はその名の通り最も優れているカード1枚を選定してもらった。

「スペシャルサイン」と
同仕様の、輝ける1枚!

画像: 17BBM巨人 インサートカード CFS04菅野智之

17BBM巨人 インサートカード CFS04菅野智之

 この部門も接戦となっており、最高点をたたき出したカードは2つある。

 まずは、1位票が4票と文句なし! 巨人の「CROSS FOIL SIGNING」である。「デザイン性も抜群で、見栄えのする美しい1枚」とは立川店の高橋店長。「カードの輝き方、デザインともに秀逸」とは千葉店の川口店長。

 それもそのはず、これは1stバージョンに封入されたスペシャル直筆サインカードと同じホロ加工を施しているのだ。虹のデザインとホロの輝きの相性もきれいにはまり、神田店の田村店長も「ホロ加工+スカイブルー箔でリッチな出来栄え。18種で各15枚という難易度もすごい」と絶賛してくれた。

目玉インサート
「Phantom」は全球団展開

画像: 17BBM阪神 インサートカード TP3藤浪晋太郎

17BBM阪神 インサートカード TP3藤浪晋太郎

 同じく12ポイントを獲得したのが、12球団共通インサートの「Phantom」だった。

 2016年に広島、日本ハムで展開したところ大好評、2017年は全球団で封入した、という経緯もあるからだろう。立川店の高橋店長が「クロスブランドを除けば、BBM史上でも珍しい全球団の企画インサートという点を評価」としたように、まずは企画としての高評価があった。

 その上で、渋谷店・中川店長の「チームパックの目玉インサートになりました。各25枚限定というレア感もよく、デザインも好評でした」、神田店・田村店長の「共通デザイン化で仕様もグレードアップ。良い出来です」という評価につながったため、高得点となった。1位票は2人で、上記の巨人「CROSS FOIL SIGNING」に1位票を入れた4人のうち3人がこちらは2位という状況だったため超えられなかったのだが、評判は高かった。

名物インサートは
花火柄人気も継続

画像: 17BBM巨人 インサートカード GP10阿部慎之助(花火柄パラレル)

17BBM巨人 インサートカード GP10阿部慎之助(花火柄パラレル)

 上記にわずか1ポイント及ばなかったが、巨人からもう一つ、名物インサートの「GIANTS PRIDE」が続いた。球団のポスターなどで使用しているビジュアルをカードにも展開している毎年人気のアイテムだが、今年は特に選手の名前が大きくあしらわれているデザインのインパクトが強く、札幌店の岩本店長も「シンプルな中に選手名が浮き出る躍動感」を高評価の理由に挙げていた。

 そして、やはり、というべきか、このインサートに設定されている花火柄パラレルの人気が票につながった。池袋店2階・鹿児島店長が「中でも花火パラレル版は個人的にも好きなカード」、浦和店・酒井店長は「花火柄パラレルの人気は健在」%%%%{blue}としている。

(次回はスペシャルインサート部門です)

This article is a sponsored article by
''.