画像: 【プロ野球人国記 広島】レジェンドを続々輩出した全国屈指の野球県

【プロ野球人国記 広島】レジェンドを続々輩出した全国屈指の野球県

今夏の甲子園でベスト4に残ったのは花咲徳栄、東海大菅生、天理、広陵だが、この地域出身の高校野球ファンは特に応援に力が入るだろう。ここでは4強に残ったチームの所在地、埼玉、東京、奈良、広島出身者の「プロ野球人国記」をお届けしよう。
呉出身の伝説の男たち
初代ミスター・タイガースの藤村も広島出身だ
北の中国山地、南の瀬戸内海に挟まれ、気候は複雑な広島。積極的でガッツのある県民性だ。県庁所在地の広島市は、第2次世界大戦末期の原爆投下という悲劇から復興を遂げ、平和都市として世界にその名を知られている。その復興の歩みと切っても切り離せないのが、広島東洋カープだ。終戦から5年後の1950年に市民球団として誕生。財政難などの苦難を市民の支援で乗り越え、70年代後半から80年代に黄金時代を築いた。
全国屈指の野球県といえる広島だが、プロ野球の礎を築いた偉人たちも多い。初代ミスター・タイガースは旧制・呉港中出身の藤村富美男。甲子園に6度出場し、優勝投手にもなっている。1936年タイガースに入団。その後、打者に専念し、戦後49年には物干し竿バットで打ちまくり、派手なパフォーマンスでも人気となった。呉港中からは塚本博睦、藤村の実弟・隆男も阪神に入って活躍した。藤村と同期の柚木進は戦後になって48年に南海入りし、エースとなった。
広島商に進んだ鶴岡一人も呉市出身で、藤村とも近所だった。法大から39年に南海に入り、1年目からホームラン王もすぐ応召。戦後46年に兼任監督として復帰し、3度のMVPに輝き、選手引退後も監督を続け、史上最多勝利を記録している。
広島商高の出身者では、同じく呉出身だが、戦後、45歳にして監督兼で阪急に入団した浜崎真二がいる。やはり広島に入団する選手が多く、外野手の山本一義(61年入団)、内野手の三村敏之(67年入団)、捕手の達川光男(78年入団)、さらに東映を経て75年に移籍した内野手の大下剛史もOBで中心選手になった。ほか阪神に72年に入団した左腕の山本和行、現役ではソフトバンクの柳田悠岐らがいる。
各校に名選手が目白押し
大阪の浪華商高から東映入りした張本だが、出身は広島だ
いまや全国屈指の強豪となった広陵高からは38年に南海入りした怪力打者・岩本義行、36年に巨人入りし、逆シングルキャッチで人気があったショートの白石敏男(勝巳)、阪神創設期の三番打者・小川年安ら戦前から好選手が多い。白石は広島創設時に参加し、監督にもなっている。
その後、71年に広島入りした佐伯和司、92年に広島入りし、のち阪神でも活躍し、現在は阪神監督を務める金本知憲、99年に巨人入りした二岡智宏、同年阪神入りした福原忍がいる。現役では巨人・西村健太朗、日本ハム・有原航平がいる。ちなみに広陵OBではあるが広島・野村祐輔は岡山、巨人・小林誠司は大阪出身だ。
広島工高からは76年に広島入りしたパームボールが武器の小林誠二、91年にヤクルト入りし、シンカーを武器に抑えで活躍した高津臣吾、さらに15年から広島に復帰した新井貴浩もいる(弟の阪神・良太は広陵高)。76年に甲子園で優勝した崇徳高からは広島入りした山崎隆造、オリックス入りした小林宏も出た。
尾道商高からは広島入りし、57年に20勝を挙げた備前(大田垣)喜夫、巨人入りした小川邦和、広島入りした山内泰幸の3投手。福山市の盈進高からは国鉄入りした箱田淳、広島で主軸を打った藤井弘、現役では広島の江草仁貴もOBだ。
まだまだ大物がいる。呉三津田高には巨人入りした広岡達朗、大竹高には南海の広叔功、阪急ほかの簑田浩二と俊足外野手、廿日市高からはミスター・カープこと山本浩二、北川工高(府中東高)には巨人入りした高橋一三、のちに西武、オリックスで監督を務めた伊原春樹、福山電波高(近大福山高)からはヤクルト入りした浅野啓司、ロッテ入りした村田兆治と速球派が出ている。大阪では浪華商高(大体大浪商高)から東映入りの張本勲、PL学園高出身で広島入りの小早川毅彦、泉州高(近大泉州高)から阪急入りした藤井康雄、大阪桐蔭高から日本ハム入りした中田翔、鳥取の江の川高(石見智翠館高)から大洋入りした谷繁元信らも広島出身だ。
<広島ドリームチーム>
一番・右翼 広叔功
二番・二塁 鶴岡一人
三番・一塁 張本勲
四番・左翼 山本浩二
五番・三塁 藤村富美男
六番・中堅 柳田悠岐
七番・捕手 谷繁元信
八番・遊撃 白石勝巳
九番・投手 村田兆治
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.