タイプを2つに分類する

 花咲徳栄の岩井隆監督は「左投手には大きく分けて2つのタイプがある」と言う。踏み出し足を突っ張って、上半身主動で投げるタイプと踏み出し足のヒザを曲げながら送って体重移動をして投げるタイプだ。突っ張り型は投球に角度が出て、タテの変化を出しやすいため、直線的な配球が増える。ヒザを曲げるタイプはカーブやスライダー、シュートやスクリューなど横の変化を出しやすく、ベースの幅を使った配球になる。

「研究する際は、のタイプの違いを見分けること。球種では、右打者の外角に抜く球、落ちる球があるかどうか。ナチュラルでシュートするかどうかも含めて確認します」

 また、制球力も重要なポイントとなる。「右打者の内角の球は左打者になると外角になります。ただ、右打者の場合は打者が目標物になって内角に投げられても、左打者には狙いがなくて投げづらいという投手がいるからです。また、左打者の内角に投げられるかどうか。意外と投げられない投手は多い」。そうした傾向をつかむことが左投手攻略の糸口になる。

画像: タイプを2つに分類する

This article is a sponsored article by
''.