みちのくプロレス「みちのくプロレス2017年東京大会Vol.4フジタ“Jr”ハヤトエイド~勇往慢心~」
★8月26日(土)東京・新木場1stRING(観衆363人=超満員札止め)

 みちのくプロレス今年4度目の東京大会は、左ヒザじん帯断裂により4月から欠場中のフジタ“Jr”ハヤトのAID興行としておこなわれた。

 メインイベントではハヤトが所属するユニット・BADBOYが現在、抗争を続けているSUPER STARSと激突。結果は、BADBOYの卍丸&ken45°&拳剛が東北ジュニア王者の日向寺塁を筆頭に勢いにのるSUPER STARSを破り、ハヤトエイドに華を添えた。 

 試合後には、昨年10月のみちのく参戦開始からこれまで再三の東北ジュニア挑戦アピールを無視されてきた拳剛が「闘いがないなら用はない」と怒りの団体批判。それに対し、王者・日向寺は「オマエが(勝ち星を)取ってから言え」と返答。みちのくマットに殺伐とした空気が漂い始めた。

画像: 王者・日向寺塁と対戦した拳剛が試合後に団体批判

王者・日向寺塁と対戦した拳剛が試合後に団体批判

試合結果

①15分1本勝負
○大瀬良泰貴(6分14秒、逆片エビ固め)川村興史●

イーグルス持論「みちのくの2試合目は革命」
②20分1本勝負
○気仙沼二郎(0分36秒、ヒザ十字固め)イーグルス・マスク●
◎再試合
○イーグルス・マスク(5分50秒、エビ固め)気仙沼二郎●
※いつものを剣山で切り返す

サスケが女子選手にまさかの2連敗
③30分1本勝負
ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号&○ヤッペーマン3号(13分6秒、腕固め)ザ・グレート・サスケ●&バラモンシュウ&バラモンケイ

“友達トリオ”ドタバタ勝利
④30分1本勝負
○GAINA&のはしたろう&藤田ミノル(13分20秒、体固め)ラッセ&佐々木大地&ルイ・ナポレオン●
※3人でおんぶプレス

BADBOYがSUPER STARS撃破
⑤30分1本勝負
○卍丸&ken45°&拳剛(11分51秒、体固め)日向寺塁&南野タケシ&郡司歩●
※卍落とし

画像: オープニングで挨拶したフジタ“Jr”ハヤトはBADBOYとSUPER STARSの抗争について「しょうもない」と辛口コメント

オープニングで挨拶したフジタ“Jr”ハヤトはBADBOYとSUPER STARSの抗争について「しょうもない」と辛口コメント

今大会の試合詳細、バックステージコメントは以下のサイトを参照。

This article is a sponsored article by
''.