画像: 【今週のベストナイン パ・リーグ】2試合連続完封勝利を飾った西武2年目の多和田真三郎

【今週のベストナイン パ・リーグ】2試合連続完封勝利を飾った西武2年目の多和田真三郎

西武の多和田。まずは1年目の7勝をすんなりクリアしてほしい
毎週水曜日発売(一部地域を除く)の『週刊ベースボール』。毎回月曜日から日曜日までの試合で「週間ベストナイン」を選定しているが、ONLINE版では土曜日から金曜日まで。今回は8月19日から25日までだ。
次は楽天との2強からソフトバンクが抜け出したパだ。
8月25日現在の順位順期間内勝敗は
1位/ソフトバンク5勝1敗
2位/楽天1勝5敗
3位/西武2勝4敗
4位/オリックス3勝2敗
5位/日本ハム3勝2敗
6位/ロッテ3勝3敗
投手は2試合連続完封勝利を飾った西武・多和田真三郎(24歳)だ。
8月19日、敵地・札幌ドームのマウンドだったが、ストレート、スライダーの球威は最後まで落ちなかった。「完封よりもチームの勝利を考えました」と初々しく喜びを語ったが、121球無四球、被安打5のピッチングには貫録すら漂っていた。
今季は辻発彦新監督から菊池雄星と左右の二枚看板としてフル回転が期待されていた。しかし、0勝2敗と結果が出せないまま、右肩の違和感で4月末に登録抹消。落胆しかけたが、そこでフォームをチェックし直したことが功を奏し、課題の制球力が安定。得意のスライダーにも磨きをかけたことで、ピッチングがラクになった。
一軍再昇格後は徐々に調子を上げ、この時点では復帰後5連勝とした。試合は沖縄・中部商、富士大の先輩でもある山川穂高の先制2ランもあって西武が3対0で勝利している。
[投手]多和田真三郎(西武)
期間内/1試合 1勝 0敗 防御率0.00
[捕手]田村龍弘(ロッテ)
期間内/17打数 6安打 1本塁打 4打点 0盗塁 打率.353
※首位・ソフトバンク相手に大勝した25日の試合は3安打2打点と大当たり
[一塁手]明石健志(ソフトバンク)
期間内/21打数 8安打 1本塁打 4打点 0盗塁 打率.381
※もはや内川の穴埋めではない。好調チームの斬り込み隊長として存在感
[二塁手]鈴木大地(ロッテ)
期間内/20打数 11安打 0本塁打 3打点 1盗塁 打率.550
※25日ソフトバンク戦は4安打3打点。期間内三塁打2本も光る
[遊撃手]今宮健太(ソフトバンク)
期間内/23打数 5安打 2本塁打 8打点 0盗塁 打率.217
※打率は今一つだが、守備の男のはずが2本塁打、8打点は見事
[三塁手]小谷野栄一(オリックス)
期間内/18打数 6安打 0本塁打 2打点 0盗塁 打率.333
※打撃好調を維持していただけに25日の体調不良は残念
[右翼手]荻野貴司(ロッテ)
期間内/22打数 9安打 2本塁打 4打点 2盗塁 打率.409
※センター、ライト守りつつ打撃は急上昇。25日は4安打、3打点
[中堅手]オコエ瑠偉(楽天)
期間内/12打数 5安打 1本塁打 2打点 0盗塁 打率.417
※期待の逸材、2年目の開花か。24日には1号本塁打を放つ
[左翼手]中村晃(ソフトバンク)
期間内/23打数 7安打 2本塁打 3打点 0盗塁 打率.304
※期間内猛打賞2回と打撃好調。24、25日には2試合連続弾
[指名打者]大谷翔平(日本ハム)
期間内/18打数 8安打 0本塁打 6打点 0盗塁 打率.444
※投手復帰も間近だが、打者としてはすでに完全復調で打ちまくる
写真=榎本郁也

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.