画像: 誰も見たことのないボールパークへ! DJチャス。の描く夢

誰も見たことのないボールパークへ! DJチャス。の描く夢

鎌スタのおすすめグルメを紹介する謎のおじさんキャラクターDJチャス。
「これって本当に二軍の球場ですか!?」
千葉県・鎌ケ谷市にある日本ハムの二軍本拠地・鎌ケ谷スタジアム(以下、鎌スタ)。そこに初めて足を踏み入れたカメラマンが、思わず目を丸くしながら最初に言った一言だ。この日はイベントデーでということもあり、多くの出店、色とりどりのパラソル付きのベンチ、はては球場内に巨大プールにウォータースライダー......。試合開始3時間前にして球場はすでに多くの家族連れでごった返していた。しかもこれは、アクセスも決して良くない二軍の球場でのことである。
なぜ、鎌スタにはこれほどまでに人が集まるのか?
その仕掛け人が、巷でじわじわと人気急上昇中(!?)の謎のおじさんキャラクター「DJチャス。」だ。紫色のド派手なスーツのいでたちで球場を所狭しと駆け回り、この日も自身がいつも食べているというとっておきの“鎌スタグルメ(写真)”を紹介してくれた。
その素顔は球団職員の中原信広さん。かつては一軍広報も務め、現在は鎌スタを盛り上げるために日々、アイデアを模索している。そんな中原さんのポリシーは「面白そうなことは、まずは何でもやってみようよ」。球場に畑や田んぼを作ってしまったり、プロレスとの異色コラボ、夏には大型ビジョンを使ってのホラー映画の上映大会などなど......挙げていけばキリがない革新的なイベントを具現化させてきた。その努力もあって鎌スタは今年で開場20周年を迎え、観客動員は10年前の倍に伸びているという。
鎌スタを一軍にも負けない、誰も見たことがないボールパークにするために──。その夢の実現に向けて、アイデアマン・中原さん(DJチャス。)の挑戦の日々はまだまだ続く。
文=松井進作 写真=阿部卓功

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.