画像: 【王貞治756号本塁打(11)】“王キラー”安田の前に小休止(8月29日)

【王貞治756号本塁打(11)】“王キラー”安田の前に小休止(8月29日)

1977年、今から40年前、大げさではなく、日本中がプロ野球に熱狂した時期がある。王貞治のハンク・アーロンが持つ当時のメジャー最多記録通算755号本塁打への挑戦だ。アーロンはブレーブス、ブリュワーズで76年まで現役を続けたホームランバッターだが、その引退翌年に王が世界記録を狙うのも、面白いめぐり合わせではある。週刊ベースボールONLINEでは、9月3日、756号の世界新記録達成までのカウントダウンを振り返っていく。
「国民栄誉賞」新設の方針が決定
安田は王と対戦するときは「常に内角で攻めた。逃げたことはありません」と言い切る
8月29日、王家の前の報道陣、さらにファンの数はさらに増えた。午前11時半、王が雑誌社の取材のため、車で出ると、その後を新聞社の車が追う。
「ストーブリーグじゃなくて、追っかけなんて初めてだよ。どんな些細なことでも細大もらさず取材しておかないとね。毎日紙面で競争だから......。早くこの騒動が終わってくれないかな。王さん、頼む、早く打って」
記者の1人。笑いながらだったが、本音だろう。
神宮での29日のヤクルト戦は死闘となった。ヤクルト先発は前夜リリーフ登板した安田猛、巨人がのち長嶋茂雄監督の担当広報となる小俣進だった。安田は、「絶対に逃げない」と“打倒・王”に執念を燃やし、4打数無安打に抑え込んだ。
しかし、その反動もあってか、先発の小俣に押し出し四球、同じくリリーフ投手の西本聖にダメ押し2ランを浴びたのが響き、試合は5対2で巨人の勝利。
記録挑戦の舞台は、大洋3連戦、本拠地・後楽園へと移った。
なお、この日、政府は懸案だった「国民栄誉賞」を新設する方針を決めた。もちろん、王のためである。
<次回に続く>
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.