画像: 【8月のナイス・ショット】
チビッ子が白鵬を投げた!

 

 巡業では力士の稽古後に関取衆が、地元の子供たちに稽古をつけることが恒例となっています。

 8月5日に佐渡島で開催された巡業では、帰りの船の時間が決まっているため、普段よりも約20分早く関取の稽古が終わりました。

 終了間際に稽古土俵にやってきた白鵬は、子供の稽古を見ながら、四股、スリ足、チューブを使った運動で汗を流します。稽古が最後の1人になったとき、おもむろに白鵬が土俵に上がりました。普通、横綱や大関が子供の稽古相手をすることはありません。

 小学生の息子がいる白鵬は、「見ていたら、やりたくなっちゃった」と楽しそうに男の子の相手を務めます。最後は投げ飛ばされて、土俵に転がる大サービス。

 男の子にとって、一生忘れられない自慢できる思い出となったことでしょう。

This article is a sponsored article by
''.