Xリーグは9月2日、富士通スタジアム川崎で、第1節のオール三菱ライオンズ対明治安田ペンタオーシャンパイレーツの1戦があり、オール三菱が14-13で明治安田に逆転勝ちした。

画像: 【オール三菱vs明治安田】第4クオーター10分、オール三菱のQB谷口が24ヤードを走って逆転のTD

【オール三菱vs明治安田】第4クオーター10分、オール三菱のQB谷口が24ヤードを走って逆転のTD

オール三菱○14―13●明治安田

オール三菱が、苦戦の末に逆転勝ちした。試合は、序盤から明治安田のペースで進んだ。第2クオーター、QB西澤凌介からWR谷瑞貴にパスが決まって先制のTD。第2クオーターには、自陣まで攻め込まれながら、オール三菱QB谷口翔真のパスをDB霜鳥渉がインターセプトし、リードしたままで後編へ折り返した。オール三菱は後半から登場したQB斎藤圭が第3クオーターに77ヤードのTDパスをWR坂本健に決めて同点としたが、明治安田は第4クオーター1分に西澤からRBの若島慎兵に22ヤードのTDパスが決まって再び勝ち越した。しかし、TD後のポイントアフタータッチダウン(PAT)を失敗したのが最後に響くことになった。

再びリードされたオール三菱は、57ヤードを進みながらフォースダウンギャンブルで、QB斎藤のランが止められ、敗色濃厚かと思われた。しかし、明治安田オフェンスが反則などでほとんど進めずにパントとなり、残り4分弱で再びオール三菱がオフェンスの権利を得た。再投入されたQB谷口がサードダウンロングから33ヤードのロングパスをWR多田明憲に決めて明治安田陣に攻め込むと、最後はQB谷口がキーププレーで24ヤードを快走しTD、キックも決まって逆転した。

両サイドのOTに福岡樹と竹中裕也というルーキーを起用した明治安田は、パスプロテクションが良く、十分な時間を得たQB西澤がポケットの中からしっかりとパスを投げ込んだ。レシーバー陣ではマルチパーパスウェポン赤津裕之が120キロの巨体から柔らかなハンドキャッチを連発して、しばしばファーストダウンを更新した。しかし、第4クオーターに勝ち越しのTDを奪って以後の2回のドライブでは11ヤードしか進めず、シーズン初戦で狙ったライバルからの勝利を逃す結果となった。

(撮影・取材:小座野容斉)

画像: 【オール三菱vs明治安田】パスを狙う明治安田QB西澤。パス171ヤード、2TDで成功率は6割を超えるパフォーマンスを見せた

【オール三菱vs明治安田】パスを狙う明治安田QB西澤。パス171ヤード、2TDで成功率は6割を超えるパフォーマンスを見せた

画像: 【オール三菱vs明治安田】巧みなパスキャッチで何度もファーストダウンを更新した明治安田TE赤津

【オール三菱vs明治安田】巧みなパスキャッチで何度もファーストダウンを更新した明治安田TE赤津

画像: 【オール三菱vs明治安田】第3クオーター、オール三菱WR坂本がQB斎藤からのパスを捕球して走り、同点のTD

【オール三菱vs明治安田】第3クオーター、オール三菱WR坂本がQB斎藤からのパスを捕球して走り、同点のTD

画像: 【オール三菱vs明治安田】第4クオーター1分、明治安田QB西澤からRB若島にパスが決まりTD。明治安田が再び勝ち越す

【オール三菱vs明治安田】第4クオーター1分、明治安田QB西澤からRB若島にパスが決まりTD。明治安田が再び勝ち越す

画像: 【オール三菱vs明治安田】オール三菱のエッジラッシャー藤原を封じる明治安田OT福岡

【オール三菱vs明治安田】オール三菱のエッジラッシャー藤原を封じる明治安田OT福岡

画像: 【オール三菱vs明治安田】第3クオーター、明治安田DB長尾がオール三菱QB斎藤のパスをインターセプトし、チームメートの祝福を受ける

【オール三菱vs明治安田】第3クオーター、明治安田DB長尾がオール三菱QB斎藤のパスをインターセプトし、チームメートの祝福を受ける

画像: 【オール三菱vs明治安田】明治安田のチアリーダー

【オール三菱vs明治安田】明治安田のチアリーダー

画像: ◎オール三菱が第4クオーターに逆転勝ち

【オール三菱vs明治安田】笑顔で応援するオール三菱のチアリーダー

This article is a sponsored article by
''.