画像: 中国運動会で2つのアジア記録を樹立した李。ブダベスト世界選手権でも3位に入った(写真)15歳の成長株は、今後、どこまで伸びていくのか?

中国運動会で2つのアジア記録を樹立した李。ブダベスト世界選手権でも3位に入った(写真)15歳の成長株は、今後、どこまで伸びていくのか?

 オリンピックの翌年に開催される中国最大のスポーツ総合大会、中国運動会。4年に1度の開催で選手の出身省ごとにチームを分け争われ、特に競泳競技ではトップ選手がオリンピック、世界選手権並のモチベーションで臨む大会として知られているが、8月31日から開幕した今大会では、ブダペスト世界選手権女子400m銅メダリストの15歳、李冰洁 (Li Bingjie)が2つの快記録をたたき出した。

 まずは大会2日目の9月1日、400m自由形では8年ぶりにアジア記録を0秒60更新する4分1秒75をマークすると、2日後の3日には1500m自由形で6年ぶりにアジア記録を5秒15更新する15分52秒87をマークし、2冠を達成。特に400mではまだ距離はあるものの、K・リデキー(米国)の持つ世界記録(3分56秒46)にまた一歩、近づいてきた。2つの新記録のラップは以下の通り。また、李冰洁の人物ストーリーは9月11日発売の「スイミング・マガジン10月号」の「ワールドトピックス」内で紹介しているので、詳細はそちらで。

●400m自由形
58.51 1.59.73 3.01.11 4.01.75
●1500m自由形
1.00.66  2.03.80  3.07.22  4.10.69
5.14.04  6.17.37  7.20.98  8.24.85
9.28.98 10.33.17 11.37.64 12.42.00
13.46.44 14.50.82 15.52.87

画像: 昨年のアジア選手権男子100m平泳ぎでは小関、渡辺に次ぐ3位となった閆。今季2度目の58秒台をマークした 写真/Getty Images

昨年のアジア選手権男子100m平泳ぎでは小関、渡辺に次ぐ3位となった閆。今季2度目の58秒台をマークした
写真/Getty Images

 また、李以外で目立った好記録は、男子100m平泳ぎの閆子貝(Yan Zibei)。世界選手権では7位に入賞した種目の準決勝で58秒97(前半50mは27秒76)をマークし、決勝は59秒23で優勝を飾っている。

This article is a sponsored article by
''.