画像: ワールドラグビーU20トロフィー決勝 U20日本代表は主将の眞野が欠場

ワールドラグビーU20トロフィー決勝 U20日本代表は主将の眞野が欠場

U20日本代表の眞野泰地主将とU20ポルトガル代表のアントニオ・ヴィジンア主将
(Photo: Frankie Deges / World Rugby)
ウルグアイのモンテビデオで9月10日(日本時間11日)、「ワールドラグビーU20トロフィー 2017」の決勝戦がおこなわれる。プールA・Bでそれぞれ1位になったU20日本代表とU20ポルトガル代表が激突。優勝すれば、強豪国が集う来年のワールドラグビーU20チャンピオンシップに昇格となる。
1年でのU20チャンピオンシップ復帰を目指す日本は、パワフルなFLファウルア・マキシ(天理大)などがアタックで躍動し、プール3試合で111得点(16トライ)を挙げてきた。一方、3回目の出場で初の決勝進出となったポルトガルは、3試合で55失点(被6トライ)と、堅い守りを武器に接戦をものにしてきた。
日本にとって不安材料は、これまで10番をつけてきたキャプテンのSO眞野泰地(東海大)が決勝のフィールドに立たないことだ。欠場の理由は明らかにされていない。ゲームキャプテンはHO武井日向(明治大)が務め、プール戦でインサイドCTBだった岸岡智樹(早稲田大)が10番をつける。
右PRの先発は中野幹(東海大)から藤井大喜(大東文化大)に替わった。
決戦は日本時間11日、早朝4時にキックオフ。
【関連記事】
初のU20トロフィー決勝でジャポンに挑む U20ポルトガル代表は黄金世代
<U20トロフィー 決勝 U20日本代表 試合登録メンバー>
1.安昌豪(明治大2年) 2.武井日向(明治大2年) 3.藤井大喜(大東文化大2年) 4.堀部直壮(同志社大2年) 5.箸本龍雅(明治大1年) 6.ファウルア・マキシ(天理大3年) 7.土谷深浩(筑波大2年) 8.フェインガ・ファカイ(京都産業大2年) 9.末拓実(帝京大2年) 10.岸岡智樹(早稲田大2年) 11.福井翔大(東福岡高3年) 12.松岡祐斗(筑波大2年) 13.山本悠大(関西学院大2年) 14.古賀由教(早稲田大1年) 15.中孝祐(関西学院大2年)
〔リザーブ〕
16.新井望友(東海大2年) 17.鎌田慎平(筑波大2年) 18.中野幹(東海大2年) 19.杉原立樹(関西学院大2年) 20.粥塚諒(流通経済大2年) 21.原田健司(同志社大2年) 22.侭田洋翔(中央大1年)
▼U20日本代表 選手名鑑
※ 画像をクリックすると大きく表示されます。

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.