写真/山口裕朗 Photos by Hiroaki Yamaguchi

9日(日本時間10日)、アメリカ・カリフォルニア州スタブハブ・センターのリングで本場アメリカデビュー戦に臨んだWBO世界スーパーフライ級チャンピオン、井上尚弥(大橋)。

画像: 颯爽とリングへ登場した尚弥

颯爽とリングへ登場した尚弥

 1ラウンド開始直後に放った左ジャブに、挑戦者7位・アントニオ・ニエベス(アメリカ)はその威力に驚き、そして早くも険しい表情を浮かべた。

 この一撃で、試合の趨勢は決まってしまったのかもしれない。ニエベスは、尚弥の打ち終わりをとらえようと時折、ビッグパンチを振るったものの、これを“ジャパニーズ・モンスター”はひらりひらりとことごとくかわす。攻撃力だけでない、彼を“モンスター”たらしめるもう一つの“太い幹”である。

画像: 得意の左フック炸裂!

得意の左フック炸裂!

「初回からフルで行く!」と公言していたとおり、尚弥は明らかに早い回でのKOを狙っていた。徐々にプレスを強めていくと、ニエベスはすっかり貝のようにガードを固め、下がる一方に。

画像: 逃げの一手のニエベスに対し、尚弥は「来い! 来い!」と誘う。日本では見られないアピールに、場内も沸いた

逃げの一手のニエベスに対し、尚弥は「来い! 来い!」と誘う。日本では見られないアピールに、場内も沸いた

 それでも打ってこないニエベスを、尚弥は攻めて攻めて攻めまくった。ガッチリガードの両サイド、あるいはど真ん中とパワーパンチを散らしてぶっ叩き、5ラウンド、一瞬のスキを突いて、左フックをみぞおちへ──。ニエベスはあえなくキャンバスにしゃがんでしまった。

画像: 得意の左ボディブローをガードの間に突き通す!

得意の左ボディブローをガードの間に突き通す!

画像: 5回、左ボディフックでダウンを奪った

5回、左ボディフックでダウンを奪った

 辛くも立ち上がったニエベスだったが、その表情からは、怯えしか見てとれない。以後は、いっそう逃げ回り、尚弥は業を煮やして「来い!」とグローブをかざしてアピール。
 結局6ラウンド終了と同時に、ニエベス・サイドは棄権を申し出て試合終了。

画像: 右腕を掲げて、観衆の大歓声にアピール

右腕を掲げて、観衆の大歓声にアピール

画像: 手前から父・真吾トレーナー、尚弥、大橋秀行会長、松本好二トレーナー。チームにとっても、素晴らしいアメリカ・デビューとなった

手前から父・真吾トレーナー、尚弥、大橋秀行会長、松本好二トレーナー。チームにとっても、素晴らしいアメリカ・デビューとなった

 会見で「70点」と自己評価した尚弥。だが、「倒されまい」というボクシングへシフトしてしまった相手を倒すのは難しい。本人は衝撃的なKOシーンを披露したかった様子だが、攻防においてハイレベルなボクシングを示しただけでも、十分に合格点だろう。

画像: ちょっぴり物足りなそうな表情を見せた尚弥だが、“Monster”ぶりは存分に披露した

ちょっぴり物足りなそうな表情を見せた尚弥だが、“Monster”ぶりは存分に披露した

 長らくライバルとして対戦を望んできたもう一人の“怪物”ローマン・ゴンサレス(ニカラグア/帝拳)は、メインイベントに登場して、衝撃的なKO負け。
 尚弥はスーパーフライ級にとどまるのか、それともバンタム、スーパーバンタム級へとクラスを上げていくのか──。
 いずれにしても、今後も本場のリングに立ち、スーパーファイトに参戦していく、そんな期待感を抱かせる“デビュー戦”となった。

This article is a sponsored article by
''.