(スポーツカード・マガジン2016年3月号より。一部、加筆・補足)

参加ディーラー
廣重嘉之(JSCA会長)✕佐伯篤(SAトレーディング)✕田村亮一(ミント神田店)

スポーツカード・マガジンで年に一度の大人気コーナーとなっていた
この「スポーツカード大賞」。
2016年版をここに掲載したところ、大反響があったので、
2015年版も復活!
BBMカードをはじめとした日本のカード業界の歴史を振り返る意味で、
歴史的にも貴重(?)な記事を懐かしく読んでみてください!

2015年のクリスマス、おなじみのディーラー3氏が
「スポーツカード大賞」を決めるため、恒例の座談会を開催しました。
ポストBBMの座を虎視眈々とねらう新興メーカーの攻勢が強くなり、
カード業界はまさに群雄割拠。
切磋琢磨する中、クオリティーの高いアイテムが次々と発売されましたが、
どのカードが各部門でNo.1に輝いたのか?
昨年のカードシーンを総括するにはもってこいの人気企画。
誌面では収まりきれないほど(掲載NG?!)の脱線トークも飛び出すなど、
大いに盛り上がった模様をお楽しみください!

エポックのシャドーボックスカードは
海外でもなかなか作れない(佐伯)

廣重 次はメモラビリアカード部門になりますが、2015年のブームとしてブックレットカードがあると思います。「ルーキーエディションプレミアム」のドラフト1位12選手がそろったブックレットはぜひ実物を見てみたい。他では「赤ヘル40周年」の山本浩二バット、「ジェネシス」から大谷&藤浪のスーパーパッチブックレットですね。

田村 私のNo.1は「赤ヘル40周年」の山本浩二バットですね。まず入っているバットが当時のものであるということ。しかも、王貞治さんの記録を支えたジュンイシイ製の圧縮バットであるということ。これはおそらく世界で唯一でしょう。さらに、これがシャドーボックスの初カードであり、デザイン性も含めてこれが圧倒的ですね。その他の候補も多くて、エポックではDeNAセットで、このノウハウを生かして、透明のプラスチックに直筆サインを入れ、その下にジャージーを挟み込んだメモラが秀逸でした。「ジェネシス」では、大谷&藤浪のブックレットに大谷のキャップロゴが入ったスーパーパッチ。「クラシック」の山田哲人バットもいい出来でしたね。「25周年カード」では、松井秀&高橋由、ダルビッシュ&大谷のコンボジャージーに加えて、前田智のグリップエンドは初めてだったのでインパクトがありました。あと、そこまでレアではありませんが、「ツバメ三銃士」のトリプルメモラ。一人のグッズで3種類入っているというのはなかなかないパターンで、非常に見栄えがよかったと思います。

廣重 佐伯さんは?

佐伯 イチ押しは「25周年カード」の松井秀&高橋由のコンボジャージー。ただアイデアは非常によかったんですけど、デザインがイマイチだったんですよね。どう思いました?

田村 確かにあのデザインは残念でした。

佐伯 もっと渋い、高級感のあるものにすればよかったのに、もったいないですよ。逆に、エポックのDeNAセットに封入されたシャドーボックス形式のメモラはいいデザイン。日本人が好きそうな感じで、他球団でも展開されたら、もっと話題になっていたはずです。

廣重 まとめると、「25周年カード」の松井秀&高橋由コンボジャージーが1位ですかね。

画像1: エポックのシャドーボックスカードは 海外でもなかなか作れない(佐伯)

主なノミネート
☆山本浩二バット/赤ヘル40周年
☆大谷翔平&藤浪晋太郎ブックレット/BBM2015 GENESIS
☆エポック「横浜DeNAベイスターズセット」
☆ダルビッシュ有&大谷翔平コンボジャージー/BBM25周年カード
☆ドラフト1位ブックレット/BBMルーキープレミアム2015

廣重 次はベストインサートになりますが、これはシャドーボックスカードが最有力でしょう。

佐伯 私もそう思います。

田村 全員一致ですね。

廣重 プラスチックの下にカードがあるので、立体感があるんですよね。サインを入れたり、パラレルもバリエーションが豊富ですし、サインがなくても価値のあるカードでした。

佐伯 コストも手間もかかっていて、海外でもあのレベルのものはなかなか作れませんよ。

田村 実はあのシャドーボックスは海外に元ネタがあるんですけど、最近は「ストラタ」という商品に封入されましたね。

廣重 「ジェネシス」の「ELITE OF NINE」は個人的には好きだったんですけど。

田村 2015年版の「ELITE OF NINE」は今までで一番ダメだったと思います。

廣重 それ以外にパッと思いつかないなあ。インサート通の田村さんのご意見は?

田村 「クラシック」に入っていた「2015ALL STARS」の50枚限定パラレルがいい出来だったと思います。これは2002年「タッチ・ザ・ゲーム」にカートン1枚で入っていたインサートがオリジナルなんですけど、このカードはぜひ復刻してほしかったんです。個人的にBBM史上でも最高クラスの1枚だと思っていて、これをどこまで再現できるのかに注目していました。完全とはいきませんでしたが、かなりいいレベルだったと思います。あとは、「マスターオブインサート」で津田、清原、松井、原といったOBが25枚限定の高級インサートになったのは非常にポイントが高い。あのアイテムは、サインなんかどうでもいいんですよ。あのインサートにこそ価値があります。あとは巨人チーム別の3Dカードですね。

佐伯 「TRIPLEX」ね。確かによかった。

田村 あのカードの何がよかったかというと、全3種で各25枚限定というレア度なんですよね。どんなカードか実物を見てみたいというモチベーションで開封しちゃうんですよ。

佐伯 巨人チーム別は「TRIPLEX」に限らず、「GREAT BOND」、「GLORIOUS LEADER」とか、サインがない分、インサートに気合が入っていたと思います。100枚、50枚、25枚とあったパラレルの構成もよかった。

田村 「GIANTS PRIDE」自体のデザインがよかったですし、花火柄も人気でした。その分、他のチームが寂しかったですけど(笑)。

佐伯 ほとんど印象に残っていませんな。

廣重 1位はシャドーボックスで決定ですね。

画像2: エポックのシャドーボックスカードは 海外でもなかなか作れない(佐伯)

主なノミネート
☆TRIPLEX/BBM読売ジャイアンツ2015
☆GREAT BOND/BBM読売ジャイアンツ2015
☆GLORIOUS LEADER /BBM読売ジャイアンツ2015
☆2015 ALL STARS/BBMクラシック2015
☆BBM2015マスターオブインサート各種

「黄金の虎」のレギュラーデザイン、
ド派手なキンキラキンの感じが気に入っています(廣重)

佐伯 次はベストルーキーカードですか?

廣重 これはDeNAの山﨑康でいいのではないでしょうか。他では西武の髙橋光と日本ハムの淺間が目立ちましたね。

田村 巨人の岡本もシーズン後半に頑張っていたし、期待込みで評価したいです。

佐伯 広島の野間も一軍で仕事はしているんですけど、ちょっと地味でしたよね。

田村 順当に山﨑康でしょうね。

画像1: 「黄金の虎」のレギュラーデザイン、 ド派手なキンキラキンの感じが気に入っています(廣重)

主なノミネート
☆髙橋光成(西)/2015BBM1stバージョン
☆淺間大基(日)/2015BBM1stバージョン
☆野間峻祥(広)/2015BBM1stバージョン
☆岡本和真(巨)/2015BBM1stバージョン

廣重 ベストレギュラーカードは難しいかもしれないですね。私は「ジェネシス」で黒を基調としたレギュラーのデザインがよかったと思います。「マスターオブインサート」はレギュラーから75枚限定。集めるのが非常に難しくて面白かったですよね。あと、これは他の人は絶対に言わないと思いますが、実は「黄金の虎」のレギュラーデザインを気に入っているんです(笑)。ド派手なキンキラキンの感じが好きな人はいると思います。

田村 私は、まず「マスターオブインサート」ですね。加工は以前あったものですけど、デザインが非常によかった。純粋なレギュラーという意味では、大相撲の「至宝」。あとこれも大相撲で5月に「粋」というアイテムで久しぶりに化粧まわしだけのカードが出まして、これもとても気に入っています。

佐伯 シリアルは入っていてもレギュラー扱いでいいのであれば、私も「マスターオブインサート」が1位でいいと思います。全部集めると意気込んでいるファンもいましたし。

田村 私もカープを全種集めましたけど、結構大変でしたよ(笑)。

画像2: 「黄金の虎」のレギュラーデザイン、 ド派手なキンキラキンの感じが気に入っています(廣重)

主なノミネート
☆BBM2015 GENESIS
☆BBM2015阪神「黄金の虎」
☆BBM大相撲レジェンド「至宝」
☆BBM2015大相撲カード「粋」

(つづく)

This article is a sponsored article by
''.