画像: 【広島 打のMVP】進化した打撃でチームをけん引した“リーダー”丸佳浩

【広島 打のMVP】進化した打撃でチームをけん引した“リーダー”丸佳浩

2年連続でセ・リーグを制覇した広島。シーズン当初から安定した力を発揮したが、野手のMVPと言えるのが丸佳浩であろう。不動の三番打者としてチームをけん引。広島が頂点に立った大きな原動力となった。
三番として100点満点の働き
すべての面で自己最高の成績を残している丸
「三番として100点満点の働きをしてくれている」
緒方孝市監督の言葉がすべてを物語る。チーム不動の三番打者、丸佳浩。時にチャンスメーカーとなり、時にポイントゲッターとなる。状況に応じたバッティングを貫き、カープ打線のテーマである「つなぐ野球」の体現者となった。
相手投手から見れば非常に厄介な存在だ。ボール球は振らない。甘い球はミスショットしない。長打があり、塁に出れば足がある。今季は持ち前の巧打や選球眼にさらに磨きがかかった。9月17日現在、打率.308、22本塁打、90打点。昨年の成績をすべて上回ることは濃厚だ。さらに四球も79個と昨年を超えるペースで出塁率は.399を数え、得点数もリーグ1位の103だ。
今年はスイングが力強くなった。長打率は5割を超え、逆方向への本塁打も増えた。本人も「左方向にも強い打球が打てている」と手ごたえを得ているが、外角球にもしっかりと踏み込んで対応できるようになったことで、昨年まで打率を落としていた左投手を攻略。今年は対右投手(打率.309)よりも高い打率.310を残している。
OBの廣瀬純氏によれば、今年はタイミングの取り方を変えたことも奏功したという。
「相手投手がセットポジションの場合、昨季よりも手の位置を上げてトップを早く作っている。それはキャンプ中から取り組んでいましたね。ヒッチさせる場所を状況によって変えている。無走者用とランナーがいるとき用のバッティングを使い分けているし、タイミングが合わないときは無走者でも早めに始動したり、柔軟に対応しています」
結果に惑わされなくもなった。たとえヒットを打っても内容が悪い場合がある。その逆もしかりで内容がいい凡打もある。結果に一喜一憂せずに、ただ己を高めることだけに集中した。
チームリーダーとしての役割も果たした。円陣や練習前のキャッチボールでも一際声を張り上げ、明るい雰囲気をつくる。広島のチームが一つになって戦う中心には背番号9がいる。
リーグ連覇を果たした中で、丸の役割は果てしなく大きかった。
写真=太田裕史

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.