42.195㎞という長丁場で、思い通りのパフォーマンスを発揮して、狙い通りにゴールできるかどうか。大きなカギを握るのは、レース直前8週間の過ごし方です。その中身は、サブ3を狙う方と初完走をめざす方とで異なるのは当然ですが、8週間の重要性は上級者も初心者も同じです。

9月22日(金)発売のクリール11月号は、レース前8週間にフューチャーしてレベル別の『失敗しない最終トレ&調整法』を徹底的に詳しくやさしくご紹介しています。トレーニング系は動画連動企画なので、動作のスピードやタイミングもご確認いただけます。

また新シリーズ、2020東京五輪へ向けた日本マラソン界の期待の星に迫るインタビューがスタート。一発目は、あの“箱根駅伝17人抜き”の村澤明伸選手(日清食品グループ)が登場です。8月27日の北海道マラソンでフル2戦目にして初優勝、東京五輪代表一発選考レース(MGC)の出場権獲得者第一号(男子)となりました。そこまでの練習内容も公開してくれています。

www.amazon.co.jp/dp/B074BL54VX

画像: ランニングマガジン・クリール11月号 9月22日(金)発売
ホノルルや東京マラソンで完走したい方、必見です。

This article is a sponsored article by
''.