画像: 【広島 飛躍のシーズン】バットで存在感放つ西川龍馬

【広島 飛躍のシーズン】バットで存在感放つ西川龍馬

見るものをうならせる打撃技術を持つ西川
「天才龍馬」と呼ばれるほど非凡な打撃センスを持つ西川龍馬。今季は一気に成長の階段を駆け上った。
リーグ優勝を決めた9月18日時点で1年目の昨季を上回る88試合に出場。打率.272、プロ初を含む5本塁打をマーク。27打点を記録するなど、勝負強さも際立つ。
8月12日の巨人戦(マツダ広島)では巨人・菅野智之から決勝点となるソロ本塁打を放った。内角高めの速球に反応。「久しぶりにその場で回って打てた」と手応えを語るほど、高い技術が詰まった一打だった。
エース格を打つ勝負強さは8月29日(東京ドーム)にも出た。巨人・マイコラスから逆転の4号2ラン。146キロを右中間へ運び「しっかりと振り抜くことができた」と振り返った。
シンプルに左肩の上でバットを構え、最短距離でロスなくバットをぶつける打撃。同僚でライバルの安部友裕を始め数々の選手が「天才的な打撃」と語るスイング。さらに代打でも結果を残すメンタルの強さで、今ではチームになくてはならない存在となった。
一般的に左打者は左投手を苦にする傾向にあるが、西川は逆。早くから対応能力を見込まれ、相手先発が左腕の時にスタメンに名を連ねる。18日現在で右投手の打率.264に対して左腕には打率.306を残す。
「結果を出さないといけない立場」と気の緩みはなく、成長を続けている。
また同い年で離脱となった鈴木誠也のネックレスを着用して試合に臨むなど、熱い一面も見逃せない。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.