画像: 【飛躍のシーズン】ヤクルト・奥村展征 人的補償をプラスにして

【飛躍のシーズン】ヤクルト・奥村展征 人的補償をプラスにして

プロ初安打や初打点をマークするなどして、進境著しい奥村
奥村展征がプロ4年目の今季、芽を出し始めた。7月に正遊撃手の大引が左肩の違和感で離脱すると、奥村が一軍に昇格。同11日の巨人戦(東京ドーム)で好投手の菅野智之からプロ初安打を記録した。
さらに同29日の広島戦(マツダ広島)の5回、決勝の中前タイムリーを放つ。149キロの快速球をはじき返し、初打点がついた。それまで得点圏でノーヒット。だから奥村は「今までチャンスで打てていなかった。何が何でも打ちたかったので、打てて良かったです」と喜んだ。
この試合前、真中満監督からアドバイスを受けていた。打撃練習中に指揮官に呼び止められ、初めて直接指導された。「速い球に対して強い打球を打ち返そうと思うと、力が入るし前に突っ込む。そういうときはポイントを前にして打ちなさい」。この助言について「自分でも感じていました。カウント有利で直球を狙ってもなかなか仕留め切れない」と話した奥村。監督の教えを、その日に早くも実践してみせた。
奥村は日大山形高から2014年、ドラフト4位で巨人入り。しかし、わずか1年の在籍で移籍を経験する。15年1月、フリーエージェント権を行使して巨人に移籍した相川亮二の人的補償でヤクルトへ。「移籍を考えていなかったので驚きました。でも、どのチームでもプロの世界で戦える」。
今季は活躍が目立つが、まだ定位置奪取には至っていない。来季こそ、勝負の1年になる。
写真=大泉謙也

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.