画像: 隙を逃さぬ「集中力」。パナソニック、好調のトヨタ自動車を撃破!

隙を逃さぬ「集中力」。パナソニック、好調のトヨタ自動車を撃破!

<ラグビートップリーグ 2017-18 第5節>
パナソニック 43-16 トヨタ自動車
(2017年9月23日/埼玉・熊谷陸上競技場)
一昨季までトップリーグで3連覇を果たしたパナソニックが挑んだのはトヨタ自動車だった。
2007年に南アフリカ代表を率いてワールドカップ優勝を果たしたジェイク・ホワイト新監督を擁する相手だ。この日も縦への推進力やスクラムで、中盤戦まで17-13と4点差で粘る。もっとも勝ったのは、序盤から隙を逃さなかったパナソニック。3トライ奪取で白星をつかんだWTB山田章仁は、こうまとめた。
「どっちに転がってもおかしくないなか、勝負どころで集中している」
前半9分、FB森谷圭介が防御の凸凹をえぐり先制する。続く13分にはキックの蹴り合いから攻めに転じるなか、新人のCTB松田力也が「常にコミュニケーションを取るなか、前が空いたらキャリー」と右端を大きく突破。ゴール前で追っ手に捕まりながらも球をつなぎ、最後はSOベリック・バーンズがドロップゴールを放つ。ここまでで、パナソニックは10-0と点差をつける。
トヨタ自動車はここから反撃に出るが、対するFLデービッド・ポーコックが才能を放つ。
パナソニックが自陣ゴール前左へ攻め込まれた23分である。CTB松田のタックルに倒されたランナーが孤立したと見るや、右側から接点へ寄って上腕と掌をボールにつける。相手の反則を誘った。
FLポーコックは17-10と競って迎えた前半終了間際にも魅す。ハーフ線付近で突進役をタックルで転ばせるや、起立。境界線の後ろへ回り込み、密集戦へ身体を当てる。
かくして向こうの攻めをかすかに乱し、味方の防御網を押し上げる。余計な点を与えず後半を迎えた。
トヨタ自動車の新人FL姫野和樹主将は、こう天を仰ぐ。
「試合中、凄いなぁと思ってしまいました。自分が行ける、(ボールを)獲れるというところ(接点)しか入らない印象で、質が高い」
後半もパナソニックは、勝負の綾を離さない。トヨタ自動車がペナルティゴールを失敗した直後の後半11分には、ホワイト監督が「分岐点」に挙げるプレーが起こる。
キック合戦の延長線上、トヨタ自動車のSOライオネル・クロニエが上空に蹴り上げた球をパナソニックが自陣10メートル線付近左で確保。CTB笹倉康誉が一気に防御を切り裂く。トヨタ自動車は間もなく自陣深い位置から蹴り返すも、それをFB森谷が蹴り返す。弾道を負ったFB森谷のタックル、さらにはこぼれ球をちょこんと蹴ってインゴールまで追ったWTB山田の1トライ目で、スコアを17-13から22-13に広げられたのだった。
その後21失点のホワイト監督は、悔やむばかりだ。
「本来はロングキックを蹴るところ、ハイボールを...」
一連の蹴り合いに、開幕5連勝のロビー・ディーンズ監督は「チームにはキックレシーブから攻められるスキルフルな選手がいる」。球際などの判定には両軍とも不服も、最も苦言を呈したホワイト監督は2敗目を受け「そのせいで負けたのではない」と強調。防御と陣地の取り合いでの相手の機能美を称えた。
(文:向 風見也)

rugby-rp.com

This article is a sponsored article by
''.