画像: 【今週のベストナイン セ・リーグ】自己最少被安打で巨人・菅野智之完封勝利

【今週のベストナイン セ・リーグ】自己最少被安打で巨人・菅野智之完封勝利

ファンからの声援に応える菅野
毎週水曜日発売(一部地域を除く)の『週刊ベースボール』。毎回月曜日から日曜日までの試合で「週間ベストナイン」を選定しているが、ONLINE版では土曜日から金曜日まで。今回は9月16日から9月22日までだ(パは22日の試合がなく、21日まで。22日に発表済)。
広島が18日に優勝を決めたセは、もともとのスケジュールに加え、雨もあって試合数自体がかなり少なかった。
9月22日現在の順位順期間内勝敗は
1位/広島2勝2敗
2位/阪神1勝2敗
3位/DeNA2勝1敗
4位/巨人2勝4敗
5位/中日3勝
6位/ヤクルト1勝2敗
最後は糸井嘉男を一ゴロ。ベースカバーに入った巨人・菅野智之は一塁ベースをしっかり踏んだ後、ガッツポーズ。中5日登板だった9月20日、2位・阪神相手(甲子園)で初球から遊び球もなく、下位打線にも攻めまくり、被安打2の無四球完封。「完ぺきに近い」と自画自賛するピッチングで、自身最多をさらに更新する16勝目を挙げた。被安打2の完投は、自己最少被安打でもある。力と技、今シーズンの菅野は、終盤にきて凄味を増している。
[投手]菅野智之(巨人)
期間内/1試合 1勝 0敗 防御率0.00
[捕手]會澤翼(広島)
期間内/6打数 3安打 0本塁打 1打点 0盗塁 打率.500
※16日の2安打1打点は敗戦ゲームだったが、18日、優勝決定試合でマスク
[一塁手]福田永将(中日)
期間内/11打数 4安打 1本塁打 1打点 0盗塁 打率.364
※19日に猛打賞、20日には貴重なソロ。確実な成長を見せている
[二塁手]上本博紀(阪神)
期間内/10打数 5安打 0本塁打 3打点 0盗塁 打率.500
※打撃好調を維持し、21日の広島戦では2安打3打点で勝利に貢献
[遊撃手]京田陽太(中日)
期間内/12打数 4安打 0本塁打 1打点 1盗塁 打率.333
※期間内2試合マルチ。なるかミスター超えのセ新人最多安打
[三塁手]村田修一(巨人)
期間内/23打数 6安打 1本塁打 4打点 0盗塁 打率.261
※ホームランは敗戦試合だったが、20日の試合で今季初犠打を完ぺきに決めた
[右翼手]バティスタ(広島)
期間内/15打数 6安打 1本塁打 5打点 0盗塁 打率.400
※期間内3試合連続打点。優勝決定試合のタイムリーは見事だった
[中堅手]丸佳浩(広島)
期間内/15打数 5安打 0本塁打 2打点 0盗塁 打率.333
※不動の「三番・センター」でマルチ2回。存在感が際立つ
[左翼手]松山竜平(広島)
期間内/13打数 5安打 1本塁打 5打点 0盗塁 打率.385
※優勝決定試合で先制適時打。22日までの9月の月間打率.466
写真=松村真行

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.