画像: 代打逆転サヨナラ満塁優勝決定弾!近鉄が球史に残る劇的優勝【2001年9月26日】

代打逆転サヨナラ満塁優勝決定弾!近鉄が球史に残る劇的優勝【2001年9月26日】

あまりにも劇的な代打逆転サヨナラ満塁弾を放った北川は大きくジャンプした
プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は9月26日だ。
「これはもしかしたら......」
9回裏、先頭の六番・吉岡雄二が出塁したとき、近鉄・梨田昌孝監督はそう感じたという。近鉄は2対5とオリックスに3点のリードを許していた。
これはたぶん梨田監督だけではない。この年の近鉄は選手もファンも“あきらめが悪かった”。楽天的というわけではなく、何度も何度も奇跡のような逆転勝利を飾っていたからだ。中村紀洋、ローズらを擁する自慢のいてまえ打線が、それだけ猛威を振るっていたことに加え、投手陣がモロかったからでもある。
この日も、そのまま無死満塁とし、打席には代打・北川博敏が入る。阪神から移籍1年目、サヨナラ打を連発し、自らヘルメットに「サヨナラ男」のステッカーを貼っていた男だ。敵将・仰木彬監督も「やばいかな」と感じ、次の投手を考えて始めていたというが、もう遅い......。
オリックス・大久保勝信が2ストライク1ボールから投じたスライダーにバット一閃。打球はレフトスタンドへ飛び込んだ。代打・逆転・サヨナラ・満塁・本塁打だ。
2001年9月26日、大阪ドーム。2年連続最下位だった近鉄が、これ以上ない劇的な展開で12年ぶり、そして結局最後となる優勝を飾った日だ。
梨田監督は、いつものように穏やかな笑みを浮かべ、「夢のような優勝、素晴らしい仲間たちと優勝できて本当にうれしい」と語った。二軍監督を経て00年に一軍監督就任。「監督は手助けできても手出しはできない」が口癖。放任主義の下で、いてまえの男たちは伸び伸びと躍動し、頂点をつかんだ。ただし、その笑顔の奥には、現役時代の恩師・西本幸雄氏が驚いたほどの頑固さと負けん気の強さがあった。だからこそ、腹をくくって、あれだけ攻撃的な野球ができたとも言える。梨田監督もまた、いてまえの血を受け継ぐ、荒ぶる男だった。
写真=BBM

column.sp.baseball.findfriends.jp

This article is a sponsored article by
''.